HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  コメディ・パロディ映画  »  キャプテン・ウルフ

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

キャプテン・ウルフ

キャプテン・ウルフ [Blu-ray]キャプテン・ウルフ [Blu-ray]
(2010/10/20)
ヴィン・ディーゼル、ローレン・グレアム 他

商品詳細を見る


★★★★☆

ショーン・ウルフはアメリカ海軍特殊部隊所属のエリート軍人。
彼に新しく与えられた任務は、暗殺された博士の家族を守ること。ここで、
彼は最強の敵と出会うことに。彼をかつてないほどの窮地に追い込んだのは、
“子守”という名の敵だった!! 博士の妻が家を留守にしているため、彼が
子守をしなければならない。16歳のゾーイから赤ちゃんのタイラーまで並んだ
5人の子供とペットのカモを相手に、てんてこ舞いのウルフは任務を遂行できるのか?

ヴィン・ディーゼル(『ワイルドスピードシリーズ』、『バビロンA.D.』など
主演で贈るドタバタアクション・コメディ。

冒頭、作戦任務を遂行するエリート軍人のショーン・ウルフ。
筋骨隆々かつ知性を感じさせるその風貌は見るからにエリートコマンドー。
核発射阻止プログラム"ゴースト"の開発者であるプラマー教授の救出作戦に
出向いた彼は、忠実に任務を遂行するもすんでの所で任務は失敗し、教授も
命を落としてしまう。

なんとか生還したウルフは、教授が生前"ゴースト"を保管したと思われるスイス
銀行へ夫人が出向いている間、家族を護衛するという任務につくことに。

しかし、これまで自由奔放に育ってきた彼らと、厳格な軍人であるウルフは
事あるごとに衝突し、まったく馬が合わない。
その上子守をしていたベビーシッターが逃亡したことで子守まで請け負うことに…。
果たして彼は無事に任務を遂行できるのか…!?

丁度良く爽やかで気持ちがいい。

ヴィン・ディーゼル主演ですがガチガチのアクションなどとは縁遠い作品です。
むしろそういう作品が目当てでこの作品を観た人はいないでしょうね。
中々に笑わせてくれる爽やかコメディです。

ヴィン演じるウルフが護衛するプラマー家の家族構成は思春期まっただ中の長女、
無愛想でひねくれた長男、お転婆な次女、そしてまだ幼い赤ん坊二人。
夜中に彼氏を連れ込もうとする長女ゾーイや、学校でもひねくれている長男セス
など、一見すると意地の悪そうな彼らだが、実は素直で家族思いな役柄なので
観ていて気分の悪いシーンはほぼ無いです。

主人公のウルフも家族のドタバタに翻弄されるわけでもなく、自分のペースを
崩さずに厳格に彼らとの強い絆を築いていくところがかっこいいですね。
そんな彼と子供たちとの温度差も楽しい作品です。

ブラッド・ギャレット演じるレスリングの顧問も傲慢で意地の悪い役なんですが、
結局のところなんだか愛されそうなキャラクターに落ち着きます。
ロブ・リグル(『アザー・ガイズ 俺達踊るハイパー刑事』、『キス&キル』など)
に似た印象を受けました。

護衛任務なのでもちろん悪役も登場するのですが、この辺りもなかなか
面白い展開やバカっぽい映像で楽しませてくれましたね。
隣のビックリアジア人の役者がケン・チョンとかだったらどんなに良かったか…。

その他、いつの間にか芽生えていく学校の先生とウルフの恋模様など
ふんだんに色んなお楽しみ要素が散りばめられています。

真面目な設定などの細かい点が気にならない人向けです。
あくまでコメディなのでその気で楽しんで頂ければ良いのではないでしょうか。
ヴィン・ディーゼルのファンであれば今作は今のところ唯一のコメディ作品
なので必見かと思いますお。(実は私は今まで敬遠してた作品ですが…)



関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。