HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ドラマ・ラブストーリー・感動映画  »  主人公は僕だった

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

主人公は僕だった

主人公は僕だった [Blu-ray]主人公は僕だった [Blu-ray]
(2010/05/26)
クイーン・ラティファ、ダスティン・ホフマン 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

平凡で面白みのない男、ハロルド。国税庁の会計検査官である彼は、
過去12年間、毎日決まりきった生活を送っている。しかしある朝、
ハロルドの頭の中に、彼の行動を文学的な表現で語る女性の声が割り
込んできた。それからというもの、その声はハロルドの頭にたびたび
響くようになる。彼女によれば彼はどうも小説の主人公のようで、
しかも彼に死が近づいていることもほのめかしていた。それから自分の
運命を変えようとするハロルドの奮闘が始まった。

ウィル・フェレル(『アザー・ガイズ』、『マーシャル博士の恐竜ランド』など)
マギー・ギレンホール(『クレイジー・ハート』、『ダークナイト』など)
ダスティン・ホフマン(『ニューオーリンズ・トライアル』、『スフィア』など)
クイーン・ラティファ(『バレンタインデー』、『ベガスの恋に勝つルール』など)
エマ・トンプソン(『ハリポタシリーズ』、『いつか晴れた日に』など)

映画の冒頭、映し出されるのは平凡で几帳面な会計検査官ハロルドの生活。
起床時間、朝の支度、通勤と几帳面な彼の生活が伺える。
そして、映画を観ているものへ語りかける物語のナレーション。

しかしある朝、このナレーションが映画の主人公ハロルドへ聞こえてしまう。
自分の行動が細やかにストーリー口調で耳に入る現象に困惑するハロルド。
ついにはハロルドの悲劇的な最期をほのめかすフレーズが聞こえてくる。

そして気づいていく事実は"彼はある小説の主人公"だということ。
ではこの世界は?作者は?平凡な彼の平凡でない奮闘が始まる…。

あー、なんかジム・キャリー主演でやっても面白いだろうなぁ。

ははは残念。それは『トゥルーマン・ショー』だ。

創られた物語の中で暮らしている。という点ではかなり近いですね。
人生がドラマとして放映され、周囲の人物も全てが俳優やエキストラだった
トゥルーマン・ショーと比べ、本作はとある小説家が産み出した世界観が描かれます。

混乱してはいけない点としては、主人公ハロルドと小説家は同じ世界で
暮らしており、なぜだか互いがシンクロしているというところ。

ハロルドが出会う助言者の大学教授ヒルバート、パン屋のアナ、ハロルドの
職場の同僚達は紛れも無くノンフィクションであるし本物の世界。

ただ、ハロルドだけが小説からの拘束を受け、悲劇描写に定評のあるカレンの
"現在進行中"の執筆によって間違いなく死に向かって行くことになるんですね。

この時のウィル・フェレルの表情や行動に笑ってしまうポイントはところどころ
ありますが、全体を観ればコメディより人間ドラマに近い感じです。


悲劇的な運命から逃れようとするハロルドと、彼との出会いで新たな価値観を
生んでいくキャラクター達。そして、ついに出会う小説の作者と登場人物…。
展開はなかなかに面白い作品です。

カレンが描く小説世界と現実とが生み出す矛盾などに突っ込みたいポイントは
数多くありますが、映像化された部分だけを素直に楽しめばとても見やすい映画ですね。



関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。