HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  アクション・スピード系・アメコミ映画  »  インモータルズ -神々の戦い-

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

インモータルズ -神々の戦い-

インモータルズ -神々の戦い- (デジタルコピー付) [Blu-ray]インモータルズ -神々の戦い- (デジタルコピー付) [Blu-ray]
(2012/04/13)
ヘンリー・カヴィル、ミッキー・ローク 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

遥か昔、ゼウス率いるオリンポスの神々は、邪悪な神々・タイタン族をタルタロス山の
地底に閉じ込めた。そして時は過ぎ、地上は人間たちの国となった…。
ある時、イラクリオン国王のハイペリオンが、地上を支配するため、タイタン族を解放する
神の武器・エピロスの弓を探し始める。巫女・パイドラは、ゼウスが人類を守る救世主と
見定めた人間・テセウスと出会い、彼の運命を見抜いた。そしてテセウスは、ハイペリオン
との戦いに挑むことに…。

ヘンリー・ガヴィル(『スターダスト』、『モンテ・クリスト伯』など)
ミッキー・ローク(『エクスペンダブルズ』、『アイアンマン2』など)
スティーヴン・ドーフ(『パブリック・エネミーズ』、『ズーランダー』など)
フリーダ・ピント(『猿の惑星: 創世記』、『スラムドッグ・ミリオネア』など)
ルーク・エヴァンス(『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 』、『ブリッツ』など)

あくまで神話"風"の物語。

いやぁしかしあれですよね。ゼウスさんは自己中心的すぎるよね。
どの映画でもだいたい常にルールが自分流というかなんというか。
偉いのか人間臭いのかわからない、なんとも有難味のない神様なんです。

例に漏れず今作でも

「神は人間に手を貸すのはだめだよ、信仰してもらってるならこっちも信じなきゃ」

とか言いながら人間のふりしてちゃっかり主人公を鍛えちゃってるし。
実際に人間助けちゃったありがたい神様アレスを切れてぶっ殺しちゃうし。
アレスと一緒だった娘のアテナは許しちゃうし。おまえはジャイアンかと。

といっても今作は本当あくまで神話風ですからよしとしましょう。
主人公テセウスに至ってはその出生も行き着く場所も全く映画オリジナルです。
彼の相手役として登場したパイドラさんなんかも本来の設定であればそれはもう
不幸な女性ですからね。
画面上のパイドラさんはなんて言うかエロティックで良い感じでした(・∀・)

大まかな話の流れとしてはミッキー・ローク演じるハイペリオンという悪役が
「神なんか糞食らえだし!俺超絶不幸だし!」という勢いでオリンポス神の
脅威でもあるタイタン族を復活させようとします。

一方、生まれは貧しいけどめっぽう強いテセウスはハイペリオンの軍隊に
街や母親を奪われ、一度は失意のどん底になりますが神々や未来を見通す巫女
パイドラの後押しを受けてハイペリオンとの戦いに挑んでいくというもの。

内容としてはびっくりするぐらい薄っぺらいのですが、ファイティング・オペラ
的な楽しみ方として割り切って観賞するならばいくつか見所はあります。

一応神話世界の話を交えてあるのでビジュアルや設定はそれなりに派手ですし、
伝説の武器エピロスの弓も最後には空気になるもののなかなかの厨二設定です。

そして、なんといっても一番の見所は、クライマックスまで勿体つけてきた
神々の皆様の全力の戦い。
これもテセウスがドン臭くてタイタン族が復活しちゃったからしょうがなく
なんですよね。その割にやる気十分でしたけど。

で、ゼウスを始めとする神々の皆様の戦い方ですが、神通力やド派手なエフェクト
ではなく、なんと肉弾戦。肉弾戦なのであります。

ムチとかカマとかハンマーとかナイフなげ、これによりタイタン族の皆様はかなり
グログロしく肉塊になっていくのです。実に野蛮でございますな。

といっても流石に人間と同じレベルではなく、様々なアクション・エフェクトや
ストップモーションにより、とにかくケタ違いのスピードやパワーを見せてくれました。
観ている時はまぁまぁでしたがこうして文章にしてみると…なんとも地味ですね。

と、いうことでアクションシーンや神話"風"の映像以外は本当薄っぺらい映画です。
ラストシーンもなんだかやっつけという感じですし一体どうしたものかと。

「タイタンの戦い」と「300」を足したあとに水で随分薄めたような映画です。
見て損するものではないのですが満足感は低いでしょうね。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
おー、これも気になってたやつです、「ブレイド」シリーズとかが好きなんでこの手のアクションは大好物ですwwwそういえばスティーブン・ドーフはブレイド1にも出てましたね、小柄ながら色気があってカッコいいですよね 
No title
こんにちは。
とても適確なレビューだなぁ、と読んでいて嬉しくなってしまいました。
まさにそんな感じですよね。
特に、

>>画面上のパイドラさんはなんて言うかエロティックで良い感じでした(・∀・)

とか。(そこか(笑))。

こういう作品のことをファイティング・オペラと言うのですね。
これも適確な言葉ですね。
ドラマは薄いですが、被り物にはリキが入ってましたよね。
Re: タイトルなし
>>カルさま

そうですね~。私もストレートに楽しめるアクションは好物です^^
スティーブン・ドーフいいですよね!意外とB級映画への出演も多いですし。

暑くなりましたねぇ。こんな時は更に熱いアクションや涼しげな
ホラーで夜を過ごしたいものです☆
Re: No title
>>shirakianさま

なんとも嬉しいコメント恐れ入りますです^^

今回ファイティング・オペラとさせてもらったのですがこの言葉は
あの高田総統率いるプロレス団体ハッスルが作った言葉であります(たぶん)。
本来のプロレスをエンターテイメント特化のギミック化したジャンルなんですね~。
なので被り物やド派手な演出で盛り上げる点では今回のような映画にも
当てはまる言葉なのでは…と思い頻繁に使わせて頂いております☆
ぜひ一緒に使ってください(笑)
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Re: タイトルなし
大変恐れ入ります(*^_^*)
Trackback
IMMORTALS/11年/米/111分/ファンタジー・アドベンチャー・アクション/R15+/劇場公開(2011/11/11) -監督- ターセム・シン・ダンドワール 過去監督作:『ザ・フォール/落下の王国』 -衣装デザイン- 石岡瑛子 オープニングタイトル別ヴァージョン。 -出...
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。