HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ゾンビ映画  »  ウォー・オブ・ザ・デッド

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ウォー・オブ・ザ・デッド

ウォー・オブ・ザ・デッド [DVD]ウォー・オブ・ザ・デッド [DVD]
(2007/11/02)
アダム・スチュアート、アリッサ・コーエン 他

商品詳細を見る


★★☆☆☆

ゾンビが支配する暗黒時代に生き残った人類と、ゾンビの最終戦争を描いたホラー・
アクション!突然地中から現れ、人間を滅ぼしていったゾンビたち。世界はゾンビが支配する
暗黒の時代へと突入していた。彼らは独自の階級制度を持ち、捕まえた人間を捕虜として
繁殖させ食料を確保し、その勢力は絶対的なものであった。僅かに生き残った人間たちは
戦士として訓練し、ゾンビと戦いながら毎日を必死に生きていたが…。

ジャケットが関係無さすぎる。

さて、なんていうかこう、大胆なゾンビ作品です。
これまで、ゾンビを作る、飼育する、といった類の作品はあったのですが、
本作はその真逆を行く作品です。

なんと、この映画のゾンビさん、人間を養殖させて食料を確保したりします。
それどころか小屋で集団生活を送ったり、農作物を育てたりと、一種のコミュニティ
を確立して生活を送っているんですね。

とはいえ、そんなゾンビさんたちのほのぼの生活を描いた作品ではありません。

世は暗黒時代、生き残った人間たちはゾンビと敵対するために軍隊を作り上げ、
日々戦いとサバイバルに明け暮れています。
そんな中、主人公ディビッドがゾンビに拉致されたことでストーリーが動き出します。
ディビッドはこれまで見つからなかったゾンビが運営する農場へ連れて行かれ、
人間を繁殖させる種馬と農場の労働力として監禁されます。

序盤なのにもう突っ込みどころが多すぎて辛いです。

ゾンビがなぜ農作物を?
っていうかゾンビ同士で意思疎通って?
主人公ダッシュで逃げようよ!ゾンビ遅いじゃん!
えー!?牢屋の柵広すぎて脱走余裕じゃないっすか!!


で、まぁディビッドはスターという美女(ゾンビのもとで育ったので知能が低い)
とともに生活することを余儀なくされるんですね。
食事も出るし石鹸で体も洗える、ついでに美女と同室というなんとも文化的な生活。
そこで元軍人だという謎の男と出会ったことで、農場の裏に潜む陰謀を知ることに。

陰謀といってもなんとも安っぽいというか予算切れというか、規模の小さな悪巧みです。
要するにこのゾンビ農場には黒幕がいて、そいつが言うには
「ここで家畜人間を増殖させてゾンビの餌にしとけば俺らはやられないよね」
ということらしいです。
「評議会」と呼ばれる黒幕はおどろくほど見た目もしょぼければ発想も大変貧相でした。

しかし、大量のゾンビを手懐けて共同生活を送らせる謎の力を持った黒幕たちは
ある意味超人です、この労力をもっと別のことに使えなかったのでしょうか。


そしてクライマックス、暗躍していた黒幕たちは、主人公ディビッドを助けに来た
仲間の兵隊たちによって退治され、農場も破壊されてしまいます。
このあたり、非常に抑揚のない映像が垂れ流しになっています。見ていてかなり辛いです。

で、一件落着したのですが、スターを探すために単独行動をしていたディビッドさんは
なぜか農場の衛兵に射殺されます。まったく意味がわかりません。

そして、終了。

見所、なし。


設定や世界観はなんとなく味があるのですが、予算よりも制作陣の脳みそが
足りないようなゾンビ作品でした。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
自分も観ましたよこれwOPでかかるやたらテンション高い曲もずっこけましたわwww
Re: タイトルなし
>>カルさん

わーい、カルさんさっすが(笑)
ゾンビ映画の当たり外れってすんごいですよね~。
そこがまた魅力的なんですけど^^☆

ちょっとレンタルショップを変えた時も新たな出会いが
あったりするので楽しいです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。