FC2ブログ
HOME   »  サスペンス・ミステリー映画
Category | サスペンス・ミステリー映画

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

L.A.コンフィデンシャル

L.A.CONFIDENTIAL-ブルーレイ・エディション- [Blu-ray]L.A.CONFIDENTIAL-ブルーレイ・エディション- [Blu-ray]
(2009/01/29)
ラッセル・クロウ、ガイ・ピアース 他

商品詳細を見る


★★★★☆

50年代初期のロスを舞台に、ある凄惨な殺人事件をめぐり、熱血刑事、饒舌で狡猾な刑事、
出世と名誉に取り憑かれた刑事らがそれぞれの思惑を旨に犯人を求める。
しかし、犯人を追い求め捜査を続けることで複雑な糸が絡み合い、ある真相にたどり着く。

いやー、いい。ディ・モールトいい。ベリッシモいいぞ。

汚職と呼ぶにはあまりに深くスケールの大きい陰謀に巻き込まれていく主人公ら。
真相に辿りつくまでの尺が淡々で長いのに良質な脚本と主要メンバーの表情の変化
を楽しむことで退屈を感じません。

特にベリッシモ良いのがケビン・スペイシーです。

有能な刑事だがゴシップ記者との結託で小遣い稼ぎをしたり刑事ドラマの顧問という
名誉にしがみつき、環境に酔いしれる男…しかし奥底では刑事の信念を捨ててはいなかった。。

ガイ・ピアースの役どころもクライマックス以降変化がありますが、常に微妙な表情で
楽しませてくれたのはケビンの方でしょうね。

ラッセルさんは一番ストレートな役柄で映画の進行においても筋道だった
展開に一役買っているかと思います。

全体的に言えば、多くの登場人物が入混じり、犯人(真相)が見えない状態が
じりじり続くので、悪と正義が分かりやすい「アンタッチャブル」や見えない恐怖
を描いた「ブラックダリア」「ゾディアック」などの明確な作品よりは感情移入が
しにくいかもしれませね。

同時期公開の「タイタニック」の影に埋もれてしまったのはやはりそういう点
なのではないでしょうか。

ラストでは物語冒頭での「更生の見込みのない犯罪者を背中から撃てるか」という
セリフをうまく伏線回収として使ってます。

集中すればさほど長さも感じない作品だと思いますよ。
っていうか明らかに名作だってばよ。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ザ・インタープリター

ザ・インタープリター 【ブルーレイ&DVDセット 2500円】 [Blu-ray]ザ・インタープリター 【ブルーレイ&DVDセット 2500円】 [Blu-ray]
(2010/09/23)
ショーン・ペンキャサリン・キーナー

商品詳細を見る


★★★☆☆

アフリカのマトボ共和国では、独裁的な大統領ズワーニによる民族浄化活動により、
民主化を目指す多くの活動家の命が奪われていた。
マトボ生まれのシルヴィアは、ニューヨークの国連本部で通訳として働いていた。
ある日、彼女はズワーニの暗殺を企てる会話を偶然聞いてしまう。
すぐ当局に通報したシルヴィア、彼女の安全を守るためシークレット・サービスが
つくようになるが、その中の一人ケラーは、シルヴィア自身に疑念を持ち始める…。

もっと単純で良かったはず。
意外と行き当たりばったりな展開も多く、伏線の回収とはいかないレベル。

キャラクターは多いが、それぞれ自身が持つ理念や想いが足りず、
イマイチ骨太な感じになりきれていないのが残念かと。

とはいえニコール・キッドマン、ショーン・ペンの表情だけは一見の価値有り。
特にショーン・ペンは傷心中でありながら信念を持って仕事に当たるシークレット・サービス
を見事に演じてます。
っていうか純粋にカッコイイ。男はあんな感じにありたいものだ。

もちろんニコール・キッドマンもとても複雑なキャラクターを形成しました。
劇中、「この女うぜーーー!!」「何考えてるのかわからねぇぇ!」と思った方。
その時点で彼女の勝ちです。

アクション映画でも、骨太な社会派一本作品でもない、そしてロマンスも無し。
もっと明確にテーマを打ち上げてくれれば…。







イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

運命のボタン

運命のボタン [Blu-ray]運命のボタン [Blu-ray]
(2010/10/22)
ジェームズ・レブホーンサム・オズ・ストーン

商品詳細を見る


★★★☆☆

なんという。。。
でもコレも映画の面白さといったところ。

興味がある人はぜひ事前情報無しでとりあえず観てみて欲しい。
パッケージや予告編から内容を当てられる人はなかなか居ないと思います。

えぇ、「卑怯映画」に該当する急展開ストーリーなもんで。

本当もうこういう時にレビューをどのジャンルに振り分けるかが悩みどころです。
サスペンススリラー?ホラー・オカルト?SF…?

全体的にもっと重厚感や不条理なりの暗さがあればよかったですね。
せっかくのラスト周辺もやや軽くなってしまいます。

泣かせるのか、恐がらせるのか。
恐怖を与えるのか、スリルを与えるのか。
限られた予算であるのなら、これらを絞ったほうが高級感が出そうです。

愛を持って「謎」と戦う、雰囲気としてはフォーガットゥンにも近かったかな。

この映画のラストは私的には好きな終わり方でした。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

スコア

スコア [DVD]スコア [DVD]
(2004/07/14)
ロバート・デ・ニーロエドワード・ノートン

商品詳細を見る


★★★☆☆

ロバート・デ・ニーロ、マーロン・ブランド、エドワード・ノートンの
世代の異なる3大スターの豪華な競演で見せるクライムサスペンス。

なんていうか
マーロン・ブランドも登場していますがやはりすでに俳優としての
体力も気力も失っていますので存在感だけのお仕事でしょう。
実際、出演作としては最後の作品のはず。

また、デ・ニーロについても90年代からはすでに路線変更を
行っている感じなので特筆すべきことはないですね。
ただ、あれだけの俳優が自らの『存在感をコントロールできる』
という貴重な技を持っていることは他の作品からも観て取れます。

さて、残ったのがエドワード・ノートン。
この作品でもワザアリの演技で魅せてくれています。
最近では「?」なことが多いのですが何か変化があったのでしょうか…。

あ、内容ですが、緊迫感のある泥棒映画に「対決」の要素が加わっています。
素直に楽しめると思いますしクライマックス以降も結構スタイリッシュです。
派手さはないですが要所要所見所はございます。

ちなみにデ・ニーロとノートンは今年「ストーン」で共演しています。
楽しみですね。











イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ボーダー

ボーダー [Blu-ray]ボーダー [Blu-ray]
(2010/09/03)
ロバート・デ・ニーロアル・パチーノ

商品詳細を見る


★★★★☆

前評判が散々だったような気がしましたが…
いやはやなかなかいい作品でしたよ。
邦題である「ボーダー」もいい味出してます。

さて、超大物二人の久々の共演ということで超楽しみにしていたのですが
脇を固める俳優陣も
カーラ・グギーノ(ウォッチメン、ナイトミュージアムなど)
ジョン・レグイザモ(ハプニングなど)
ドニー・ウォールバーグ(ソウシリーズなど)
*マーク・ウォールバーグのお兄さんですが帽子かぶってるとマジで似てます。
と言う感じで粒ぞろい。

物語は「ある境界線を超えてしまった刑事の行動」を追っていきます。
話自体は後半差し掛かったところで「あぁこういうことか」と分かってしまうでしょう。

やや不親切かつラストまでの伏線、根拠も希薄な脚本ではありますが、
そういった残念なポイントをカバーしているのが主役二人です。

ご両者とも御年60代後半(アルは現在70歳)というなか、キレの良い
画面を埋め尽くすほどの演技を魅せてくれます。
今作では、脚本上やや控えめにならなければいけないデ・ニーロよりも
アルの演技が冴え渡ってました。

二人を例える呼び名が作中とても出ていて役内での関係性の深さを表現しています。
中盤以降は彼らのセリフの一つ一つも楽しめました。

クライマックスに入ってからふと「映画内各所の不親切な点」は全部
ワザとなのかな~とも感じました。
とにかくあまり前情報無しで観ることがおすすめです。

さて、世界最高のおっさん二人。ぜひ堪能してください。
どちらかというとクライムサスペンス慣れした人向きです。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

プルーフ・オブ・ライフ

プルーフ・オブ・ライフ 特別版 [DVD]プルーフ・オブ・ライフ 特別版 [DVD]
(2009/07/08)
ラッセル・クロウメグ・ライアン

商品詳細を見る


★★★☆☆

テリー(ラッセル)は、国際的な人質事件専門の交渉人。
南米の国テカラのアメリカ人技師ピーターの誘拐事件を扱うことになる。
身代金交渉をすすめる前に、ピーターの会社が保険をキャンセルしていたことが発覚したためテリーはテカラを去ることになってしまう。
しかし、ピーターの妻アリス(メグ・ライアン)からの哀願もあり、テリーは夫を生きて連れ戻すと約束し活動を再開するが。。

見所ですか?
あえて言えば主演ふたりの演技なのでしょうが。。

この映画は国際的誘拐事件の他、主役ふたりの禁断の恋愛感情を描いた作品でもあります。
問題なのはそれがフィクションに留まらなかったこと…。

メグライアンは当時デニス・クエイドと結婚していたのですがこのプルーフ・オブ・ライフ撮影を通しラッセル・クロウと不倫関係へ。。
もちろん泥沼の別居→離婚コースまっしぐらです。

デニスから「俳優として尊敬できるが、人間としてはクズ」という言葉を受けながらその後も色数々の問題を起こす超超超短気なラッセルさん。

ほんまラッセルさんの気の短さは南半球を覆いつくすで!





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

パーフェクトゲッタウェイ

パーフェクト・ゲッタウェイ<Blu-ray>パーフェクト・ゲッタウェイ
(2010/07/23)
ミラ・ジョヴォヴィッチティモシー・オリファント

商品詳細を見る


★★★★☆

実は某SNSのお友達さんの紹介を見るまで存在すら知らなかった作品。
予告や前情報なしなのでかなり楽しめたと思います。

前半部分はキナ臭ささを感じつつもロケーションを堪能。
中盤部分では疑惑だらけ。
そして後半の急展開。

ところどころ臭わせてるにも関わらず余計なな推理を許さない卑怯とも言えるクライマックス。
その演出や設定をおもいっきり楽しんじゃいましょう。
なんども言いますが「なんじゃそりゃ!」と言わせれば脚本家の勝ちなのです。

ラスト周辺が慌しく進みましたがあれで良いと思います。
説明臭くなると全部が壊れてしまいそうですしね。

スタッフロールのキャストの並びも面白いですね~。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル 【ベスト・ライブラリー 1500円:サスペンス特集】 [DVD]ライフ・オブ・デビッド・ゲイル 【ベスト・ライブラリー 1500円:サスペンス特集】 [DVD]
(2010/05/12)
マット・クレイヴンローラ・リネイ

商品詳細を見る


★★★☆☆


劇中、ケヴィン・スペイシーのキャラがイマイチ立ってないなぁという感じでしたね。
表情が某シリアルキラー映画の時の顔なんで悪党なのかと思いました。

それもラスト周辺で明らかになる彼の信念からくるものなら素晴らしい演技。
ケイトも表情豊かでしっかりキャラクターを出してくれました。

ローラ・リニーはなんだか忙しく難しい役柄でしたね。
悲観的でザラつきのあるシーンも多いのですが各キャラクターの残した余韻を感じることが出来る映画です。

サスペンス、というかドラマとして楽しんでいただきたい作品。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

正義のゆくえ

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [DVD]正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [DVD]
(2010/06/02)
ハリソン・フォードレイ・リオッタ

商品詳細を見る


★★★☆☆

いろんな感情渦巻くアメリカの移民問題が背景の本作。
ハリソン・フォード扮する主人公意外にも目を見張る役者が勢揃い。
クリフ・カーティスが特に素晴らしいですよね、彼は全然違う出身なのにもかかわらず中東や中南米出身の役をやらされるところも好きです。
ジム・スタージェスはほんまイケメンやで・・・。

はい、割と骨太で迫った内容ではあるのですがこのレベルの物語は他にもたくさんです。
レイ・リオッタみたいなキンモー役とか色々な面を取り入れたのはいいのですが絡み切れていない様にも感じます。
まぁ日本人にとっての衝撃度とあちらの方の衝撃度は大きく違って来るのはしょうがないですよね。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

シャッターアイランド

シャッター アイランド スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]シャッター アイランド スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2010/09/10)
レオナルド・ディカプリオマーク・ラファロ

商品詳細を見る


★★★★★

批判は多いかもだがあえて5点を付けたい。
だって好きだもん。
音楽や映像美、不条理的な演出、そしてあの怪奇かつ綺麗な演技、すばらしい。

しかしまぁ国内版の予告作った奴は重罪。
この映画を駄作に変えてしまうほどの威力がある。
冒頭の挑発演出があるところを見ればもともとの制作側のミスとも取れる。

問題の「謎」については主要なものは後半きちんとわかりますのであまり深く考えず、主人公の気持ちになって素直に物語に参加したほうが楽しいはず。

ちょっとサスペンスものとしては尺の長い映画です。
冒頭の盛りあげ以降は複雑要素が多く、集中力や体力が必要になるかと。

ラストシーンはとても好きな終わり方。
心情が切ない。
2回目も面白い映画だろうな。

アビエイターでも精神世界を演じたディカプリオ、本当歳食った分だけ面白い人になっていきます。
今後も楽しみにしてます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。