HOME   »  B級ゴースト・電波系映画
Category | B級ゴースト・電波系映画

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ダーク・ハウス 戦慄迷館

ダーク・ハウス 戦慄迷館 [DVD]ダーク・ハウス 戦慄迷館 [DVD]
(2011/05/27)
ジェフリー・コムズ、ミーガン・オリー 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

ある屋敷で7人の子供達が殺害される猟奇殺人事件が発生。
その犯行現場の直後を目撃したためトラウマを抱えてしまったクレア。
そんな彼女は14年後、女優を夢見る演劇学校に通う学生に成長した。
彼女の演劇部の前に、自らを“ホラーの帝王”と名乗るウォルストンという男だった。
彼は、今度作るオバケ屋敷に必要な俳優達をスカウトしに来たというのだが…。

冒頭のおにゃにょこ達が超可愛い。後半はババァの独壇場。

さて、ジェフリー・コムズ演ずる『ホラーの帝王』ウォルストン。
現実でもホラー俳優として名高い彼がお化け屋敷のオーナーを怪演しています。
そのお化け屋敷のある場所が例の子供たちが殺害された場所、つまり主人公クレアの
トラウマの原因となった場所なんですが。

「え?うちは知らんし」

ってな具合ですっとぼけて演劇部員丸ごとをお化け屋敷のバイトに巻き込みます。
彼女自身は『殺害現場に身を投げることで過去のトラウマを乗り越える』という
目的があったのです。

ここで出てくるのがオーナー、ウォルストンの部下たち。
ジョニー・デップをタコ殴りにしたようなひょうきんガイド、アバズレ風レズ、
神経質なメカニックなど、ホラー映画を彩る面々が登場します。

お化け屋敷といってもただのお化け屋敷ではなく、VFXを活用した立体ホログラムで
殺人鬼やクリチャーを投影し、あたかも本物の様な映像世界を表現するスーパー
アトラクションだったのですよ。

そのアトラクションのシステムをババァの怨念が乗っ取り、現実のモンスターとして
お化けや殺人鬼を操るものだからさぁ大変、次々と仲間達が殺されてしまいます。

ハイテクと個性的なゴーストの共演ということで『13ゴースト』をチラチラと
思い出す映像でしたがその面白さも個性も及んではいませんでした。

ただ、『コンピュータでトロイの木馬ウィルスと対峙する怨念ババァ』
   『レズ姉さんの下心をあえて受け入れるつもりのビッチ』
   『有罪・無罪のジェスチャーでゴーストから仲間を助けようとする』
などなど、ちょっと笑えるシーンが多々盛り込まれている所は高評価。

そして後半は物語の元凶であるババァとの決戦になるのですが…?

ラスト周辺でちょっと面白いひねりがあるのも個人的にGOODです。
けっこうオススメかもですよ。






イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ウルトラ・バイオレンス 処刑人セーラ



★★☆☆☆

物語冒頭、斧を持った謎の男に追われる女性が非業の死を遂げる。
十年後、収入に不満を持つベンは、仕事相手ベネットから仕事のつてを紹介してもらう。
そこで出会ったのはミステリアスなヘッドハンター、セーラだった。
念願の高給の仕事を紹介されるが事務所では不気味な出来事やおかしな制限だらけ。
ベンはすでに過去から現在へと続く「負の世界」へ踏み行ってしまっていた。

おー、これはーなかなか惜しいなー。

まぁ今回も一番ひどいのは邦題の付け方と煽り文句でしょう。
『P・タランティーノ監督が放つ復讐劇!』『キルビル×処刑人×シャイニング!』

『P』って誰だよ、『P』って。
『キルビル×処刑人×シャイニング!』というのも大嘘です。
まったくかすって無かったです。

でも内容は結構面白かったですよ。
女優さんもセクシーだし、それなりに描かれた脚本だとも感じました。
見所はセクシーさんのオパーイと主人公の巻き込まれっぷりでしょうね。

多少ネタバレさせて頂くと前半部で好条件の仕事にありついた主人公の
周りで不可思議な現象が続き、なんやかんや調べてみたら仕事の斡旋人セーラは
すでに死んでいる亡霊だと気づくんですね。

そんで呪いなんかを振りまいちゃうデンジャーなセーラさんを成仏させる
為に当時の犯人や彼女の首を探していくんですがこの辺からが難しい。
セーラさんがとにかく邪魔、すんごい邪魔、一体どうしてほしいんだよ。

クライマックスでは話がババンと一転したりしてウホホーとなるのですが
はっきりしない出来事も多く、イマイチもやもや感が晴れない作品です。

でも、たまにゃこういうのも観てもいいと思うんだぜ!?







イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ファング・オブ・モンスター

ファング・オブ・モンスター [DVD]ファング・オブ・モンスター [DVD]
(2002/02/22)
ロドニー・ローランド、ロバート・ダヴィ 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

コリーとテレンスは、コソ泥で生計を立てている不運なコンビ。
ついにはこれまでの依頼主からも見放されて完全に路頭に迷うはめになってしまう。
行きつけのバーで愚痴る二人だが、そこで出会う謎の美女に誘われある館へたどり着く。
そして謎の男から『古代のペンダント』を盗み出すよう依頼されるのだが…。

救いようがないことはない映画です。

それでもこの作品を知っている方であればきっと星三つは多いと
感じられることでしょうね。
きっと私自身、兄弟や相棒同士が掛け合いやドタバタ劇を繰り広げる
作品が好みなのでしょう。なのでその辺のオマケと言う事で…。
(ちなみにBL趣味とかは無いんだからね!!)

ジャケットはなんだか悪魔的、プレデターチックな感じですが中身は
ちょっとファンタジー掛かったB級冒険譚です。
ブラザーズ・グリムとナインスゲートを足して割って腐らせたような感じ?

105分と尺は十分なのですがいかんせん物語のテンポが悪いためまとまりがない
作品になってしまっています。
脚本ももうちょっと分かりやすいほうが楽しくなったのではないでしょうか?

あと、楽しく観せたいのか、神秘的ホラー要素も表現したいのか、そういった
作品のテーマがよく分からないので結局ラストも中途半端になってしまいましたね。

ラスボス対決シーンでの展開にはいろんな意味でびっくらこいたよ。。。

泥棒有り、神秘現象有り、陰謀あり、悪魔有り、お色気有り etc...
素材だけではいいものは出来上がらない現実を地で表現した作品です。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

タワーリング・バトルフィールド

タワーリング・バトルフィールド [DVD]タワーリング・バトルフィールド [DVD]
(2011/01/08)
ロキシー・ストリックランド、スティーヴ・ノートン 他

商品詳細を見る


★☆☆☆☆

ダグはある夜、廃墟であるはずのステートタワーに灯る明かりを調べるため、
妹ルーシーの留守番電話に行き先を告げるメッセージを残し、そこへ向かった。
メッセージを聞いたルーシーは、兄のアパートへでタワーの様々な情報が書かれた
手帳を見つけ兄のタワーに対する執着を知る。。

眠ってなるものかーーー!!!

暗い、全体的に暗い、もちろん撮影技術も機材もハイレベルではないから
視覚的にもかなり辛い作品。
ホラー内容なのに緩急が少なく延々と彷徨う映画。
画面の中ではぽちゃめのヒロインが彷徨う映画。

序盤の説明とところどころに登場するキャラクターからの説明だけで
この世界観を把握するのは困難かと思われます。。

作り手側「だけ」は世界観やこの作品のメッセージがわかるんでしょうね。
ジャケットもかなり手抜き臭がするので期待を持つ人は少ないでしょう。

タワーものといえば日本の名作ホラーゲーム『クロックタワー』は映画化が
決定して依頼どうなったのでしょうか?
結構楽しみなのでどなたか情報をお知りであればぜひご一報下さい。

しかし信頼に値する配給会社ハピネットさんもたまにこういうことをやらかしますね。








イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

サバイバルリゾート

サバイバル・リゾート [DVD]サバイバル・リゾート [DVD]
(2011/01/22)
アメリカ・オリーヴォ

商品詳細を見る


★★☆☆☆

結婚を控えたキャサリンは独身最後のバカンスを過ごすため、ソフィアやベスら女友達と
メキシコのリゾート地へやって来る。キャサリンたちはガイドに連れられて車で観光に出かけるが…。

ポロリはほとんど無いよ!

結婚前の旅行で浮かれポンチになってしまった彼女らは観光途中に強盗に逢います。
まったくもって危機管理がなってませんねぇ。
一人が撃たれて怪我をしてしまいますが必死で近くの町へと逃げ込みます。
綺麗な建物ですが中身は廃墟、怪しさ満点の中なんとか救助を求めようとしますが
仲間がだんだんとおかしくなっていくのです。

妙にヒステリーで切れやすくなったり女友達の痛いところを言葉の暴力で
ガンガン責めるようになって行きます。

『あれれ?それって普通の健康な女子じゃない?』とか言うたらだめだYO?

実は彼女らが逃げ込んだのは過去にきつい拷問や儀式が行われていた呪われた教会なのです。
彼女らは頭に入り込んでくるイメージに精神を侵され互いを罵倒し傷つけあってしまうわけ。
決して日頃のストレスで始まったキャットファイトではありませんよ。

さて、画質や内容はそんなに良いとは言えず見所もよく分からない作品。
男性キャラも出てきますが活躍の場は少なく、あくまで女性中心の映画になってます。

暇つぶし程度にいかがでしょうか。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ゾーンA

ゾーンA [DVD]ゾーンA [DVD]
(2010/12/15)
グレゴワール・ルプランス=ランゲ

商品詳細を見る


★★★☆☆

サハラ砂漠を舞台に目に見えない敵の恐怖を描いたモンスターアクション。
1960年、アルジェリア。核実験の機密文書を輸送する仏軍用機がサハラ砂漠に墜落。
"ゾーンA"と呼ばれる地域に救助部隊が派遣されるが、砂漠には正体不明の何かが潜んでいた…。

ダラダラ系ホラーです。
軍人さんとモンスターがズダダダダダダッ!ガーンガーン!ギャオーン!と
戦う映画ではないことは確かです。

フランス軍の派遣部隊は敵との戦闘の中、砂漠の街に到着しますが、
そこで精霊ジンと出会います。と、言っても視えるのは主人公のみ。

で、その精霊さんは人間の『弱みやトラウマ』を幻影としてその人に
見せることができるのです。
虫が苦手なら虫のお風呂に入らされる感じですかね。
そしてその人は精神に異常をきたし、疑心暗鬼や仲間割れに繋がります。

僕の場合綺麗でスタイルのいいお姉さんが恐いのでどんどん見せて頂き
たいものです。っていうか見せなさい。Please Now!

何故それが大筋と絡んでくるかはラストあたりで感じられるかと思います。

役者さんは結構見たことある人たちも居ますし演技も良かったです。
しかしながら全体をここまで複雑にする必要があったかどうかは謎。

個人的にはメッセージ色のある映画というのはこう言った変わり種ホラー
との相性が良いとは思えないのです。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ROCK ロック

ROCK ロック [DVD]ROCK ロック [DVD]
(2009/11/11)
ジェイク・ビューシーステイシー・キーチ

商品詳細を見る


★★★☆☆

100年前に重犯罪者向けに作られた孤島の刑務所『イスラ・デル・ロカ』。
そこは刑務所の暴動による死者の魂や死刑囚達の怨念渦巻く魔の島だった。
映画の取材に訪れた主人公一行と、時を同じくして島にたどり着いた武装強盗団一行。
一人、また一人非業の死を遂げて行く中、無事に島から脱出できるのは誰…?

B級はB級なんですがなかなか頑張ってくれています。
刑務所という無機質な場所でありながら数々のギミックが登場し、
あっぱれな暴れっぷりを魅せてくれます。

キャラクターもそれぞれが個性を持ってます。
特に強盗団一味はなかなかの役割を果たしてくれるので楽しいですね。

あ、期待のし過ぎはだめですよ。
あくまでB級ホラーを楽しむための作品です。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

女泥棒サバイバル・ランナウェイ

女泥棒サバイバル・ランナウェイ [DVD]女泥棒サバイバル・ランナウェイ [DVD]
(2010/03/10)
サラ・オーマイク・ラナーロ

商品詳細を見る


★★☆☆☆

さて、呪われた地下墓地に墓荒しに入ったメンバーが得体のしれない何かに次々に消されていくというよくある話。
いやぁタイトルのセンスの無さは凄まじいですね~。

女だらけですがいまいちキャラが立ってないまま死んでいく仲間たち。
まったく意味を成さない冒頭シーンからかなり不親切に物語が進みます。

ラスト周辺は読めない人はいないはず。
意外性もなく敵キャラのしょぼさもまさにB級。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ファイナル・デス・ゲーム

ファイナル・デス・ゲーム [DVD]ファイナル・デス・ゲーム [DVD]
(2010/05/28)
エリザ・ドゥシュクマイク・ヴォーゲル

商品詳細を見る


★★★☆☆

題名からして例のシリーズの二番煎じって感じですが原題はオリジナルです。

レトロで不気味なゲームしてたら敗者はゲームの予言と同じように死をどる・・・・
え?、ああ、はい「恐くなったジュマンジ」です。

とはいえそれなりに気を使った内容になってますし夏の夜の酒のつまみと割り切れればそんなに悪くはないですよ。
ストーリーにもうちょっと脈絡があれば良作になったはず。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

モスクワ・ゼロ

モスクワ・ゼロ [DVD]モスクワ・ゼロ [DVD]
(2008/10/24)
ヴィンセント・ギャロヴァル・キルマー

商品詳細を見る


★★☆☆☆

これはひどい。

キャストと金の無駄遣い。

っていうか酔ってて覚えてない。

記憶にあるところまでで十分ですぅ。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。