HOME   »  戦争映画
Category | 戦争映画

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

クリムゾン・タイド

クリムゾン・タイド [Blu-ray]クリムゾン・タイド [Blu-ray]
(2010/09/22)
デンゼル・ワシントン、ジーン・ハックマン 他

商品詳細を見る


★★★★☆

ロシアの過激派が軍の反乱派勢力と結託し、シベリアの核ミサイル基地を占拠した。
アメリカと日本が核攻撃の危機にさらされ、米海軍の原潜アラバマに出撃命令が下った。
歴戦の叩き上げのフランク・ラムジー艦長と、ハーバード大卒のエリートである
ロン・ハンター副官は、核に対する思想で真っ向から対立する。
そしてアラバマは目的海域に達し、敵潜水艦の影を捉えた艦は臨戦体制に突入していく。。

核搭載の潜水艦映画です。

演説などには中身が無いのですがブラッカイマーらしい優秀な音楽や
カメラワークで壮大に仕上がってますね。

艦の安全と世界の未来を重視するデンゼルと、任務への忠誠と国の威光を重視する
ハックマンとの対立や駆け引きがテーマとなっている作品です。
どちらも「悪」ではなく、乗組員や国を思ってこその行動です。
ややハックマンが頑固な危険思想とも見て取れますが、行動の一貫性やセリフ、
そしてラストシーンからも優秀な軍人であることを表現していますね。

この二人も素晴らしかったのですがヴィゴ・モーテンセンの表情や
ジェスチャーが良すぎて興奮します。

この映画の優れたところは冒頭とラスト意外舞台のすべてが潜水艦内部だということ。
本来の敵(人物)や本土の通信士など一切画面には出てきませんが十分な演出によって
素晴らしい緊張感がでてます。

こむずかしいことは一切なしで全体の緊迫感と役者さんの演技を楽しむ映画だと思います。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

K-19

K-19 [DVD]K-19 [DVD]
(2005/07/06)
ハリソン・フォード、リーアム・ニーソン 他

商品詳細を見る


★★★★☆

1961年、米ソ冷戦の最中、ソ連国家首脳部は原子力潜水艦K-19の
処女航海の艦長にアレクセイ・ボストリコフを任命した。
副艦長には経験豊富なミハイル・ポレーニンが就き艦は出航。
この2人の意見はしばしば対立する。。

なんだかちょっと顔が似た二人ですよね。
渋い二人だからこそのドラマ性があると思うのです。

冷戦後の世界を背景にした潜水艦映画「クリムゾン・タイド」では
デンゼル・ワシントンとジーン・ハックマンが艦内で対立しながら、
敵艦との戦いと「決断」をテーマに物語が進行しましたが、
「K-19」では原子炉の故障、そして「クリムゾン・タイド」でもあった
ように第三次大戦勃発の危機に直面するパニック・ドラマを描いています。

男だらけ、まさに骨太な作品ですが戦争を滑稽に描くアクションムービーでは無く、
実際の事故をテーマとし、事故の凄惨さや乗組員の混乱、そして人間ドラマを
見せてくれます。

主要な乗組員にはそれぞれの個性やドラマが用意されており、放射能にまみれながら
も原子炉の修理にあたるという「使命感」と「自己犠牲の精神」に心が動かされます。

ラストシーンはなんていうか切なく哀愁があって綺麗だなぁと感じてしまいました。

キャスリン・ビグロー監督の本作、「ハートロッカー」でも描かれたような
男達の戦いと苦悩がこちらでも感じることができると思いまする。







イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

スターリングラード

スターリングラード [DVD]スターリングラード [DVD]
(2006/07/19)
ジュード・ロウジョセフ・ファインズ

商品詳細を見る


★★★★☆

第2次世界大戦のスターリングラード戦を舞台に、実在したスナイパー、
ヴァシリ・ザイツェフの生きざまを壮大なスケールで描いた作品。

これがジュード・ロウに惚れるきっかけでしたね~。
で、さかのぼって「ガタカ」観てほんま惚れました。

超優秀なスナイパーなもんで最初はおいおいって感じでしたね。
アクション映画バリに最初から強い主人公が出るってなんか違和感じゃないですか。
でもマジに実在してたんですもんね。
白い死神シモ・ヘイヘなんていうとんでもないのも居ますけど。

さて、ジョセフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ロン・パールマンと
脇を固める俳優陣も豪華で尚且つ存在感がはっきりしてます。
微妙な役どころを演じたジョセフや美しさと強さを演じたレイチェルは
この作品にはなくてはならなかったんでしょうね。

ただ一番はエド・ハリスである。
主人公の最大の敵として登場するケーニッヒ少佐。
彼が画面に映ると映画の雰囲気がぐいっとかわります。

そんな彼らが織り成す軽くない骨太な物語が壮大に展開されます。

ドラマとしても戦争映画としても優秀な作品ですね。
個人的には絵的に更なる暗さやじめっぽさがあるといいなと感じます。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

グリーン・ゾーン

グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]
(2010/10/06)
グレッグ・キニアマット・デイモン

商品詳細を見る


★★★★☆

イラク戦争開戦から4週間後。大量破壊兵器の行方を追う極秘任務で、
ロイ・ミラーと彼の部隊は幾度となく大量破壊兵器が隠されていると
みられる場所に踏み込むが空振りに終わる。
国防総省の動きに不信感を覚えた彼は、同じ疑念を抱いていたCIA調査官
ブラウンと共闘し、謎の核心に迫っていく。

この映画で特に素晴らしかったのはロケーション。
ハート・ロッカーしかりブラックホーク・ダウンしかり撮影場所を
世界中に分けて撮影し、セットにも金額が掛かっていると本当に
リアル且つ迫力のある「戦闘シーン」にお目にかかれます。
映画冒頭から盛り上がることが出来ました。

装備品や車両、エキストラの数と質もこだわった分だけ良くなります。

今作では「隠された陰謀」と戦う主人公ということで「ジェイソン・ボーンシリーズ」
で大活躍のマットには大変良く役が似合いました。

ただ、主人公が戦った「疑惑・陰謀」の「詳しい動機」が抜けている
ところが気になります。
もちろんエンターテイメント作として創られたフィクションなので
それで良いといえば良いのかもしれませんが、このままだとただ
「悪いのはほんの一部の人間だけ」になってしまい、もっと大きな
陰謀からは離れていってしまいます。

あんまりやると「反米」ムービーになりすぎてしまいますけどね。
あ、この辺は観た人でないと分かりませんね…。

アクション映画として楽しむには十分の内容です。
洋物FPSが好きな人にもオススメします。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ハート・ロッカー

ハート・ロッカー [Blu-ray]ハート・ロッカー [Blu-ray]
(2010/09/02)
ジェレミー・レナーアンソニー・マッキー

商品詳細を見る


★★★★☆

原題である「THE HURT LOCKER」とは、死に近い場所、または棺桶などを意味すると言う。
その名の通り、戦地での「爆弾処理班」を中心とした息を飲む臨場感を味わえます。

冒頭からこの映画の中心となるであろうガイ・ピアーズが戦死するなど、
圧倒的な死への距離感を映画前半から後半までぐっと縮めさせてくれました。

戦地の兵隊の心に近づいて作られた「ジャーヘッド」に近い雰囲気を出しつつ、
いつ、誰が、何をしてくるのかが分からない戦争そのものの臨場感が
たっぷり描かれています。

ハート・ロッカー レビュー

無鉄砲な爆弾処理担当ジェームズ(ジェレミー・レナー)
勇敢かつ繊細なサンボーン(アンソニー・マッキー)
ちょっと弱気な特技兵エルドリッジ(ブライアン・ジェラティ)
やや地味とも言える俳優陣がメンバーが戦地の兵士たちのよりリアルな
表情を魅せてくれています。
傭兵として登場するレイフ・ファインズ、また登場時間は少ないものの
デヴィッド・モースらもいい味を出してくれていますね。

今作、「生と死の境界線」の真上で過ごす兵士達の心境を様々な演出で
映像として演出したハイレベルな映画です。
ラストシーン周辺の主人公の表情はまさにそれそのもの。
とてもよくできた映画だと思います。

ただ、第82回アカデミー賞では、相手が「アバター」だったからこそ
作品賞を含む6部門で受賞できた感も否めない。

大衆向け映画の超大作であったアバターとドキュメント性の強いハートロッカーは
作風も異なる上、両監督が元夫婦であるなど話題性も高く、日本のワイドショーでも
見所の一つとして放送されていましたね。

なんていうか大人の事情というか建前というか、色んなものが絡んでの受賞ではないか。
そういう気がするのです。

でも面白く高クオリティの映画であることは間違いないです、呼吸の仕方が
変わってしまうシーンが沢山ありますし、心境を描いたシーンでは多く胸に
来るものがありますね。

ぜひ観ていただきたい作品ですよ。

個人的に気になることといえば途中で登場するバレットM82、
あれってあの程度の威力なのかな~…?

ハート・ロッカー [DVD]ハート・ロッカー [DVD]
(2010/09/02)
ジェレミー・レナーアンソニー・マッキー

商品詳細を見る




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ブラックホークダウン

ブラックホーク・ダウン [DVD]ブラックホーク・ダウン [DVD]
(2005/03/02)
ジョシュ・ハートネットユアン・マクレガー

商品詳細を見る


★★★★☆

映像表現、迫力、目を覆いたくなるようなシーンの連続。
現代戦争映画の代表作となっていますね。

ユアンやジョシュ、その他にもいい俳優がガチンコの演技で戦場を体感させてくれます。
テーマ重視のテンポ展開ではなく、最前線の映像をたたき出すことでリアルタイムな戦場の表現がされています。

とはいえ映像効果に力が入っているのでアクション映画やFPSゲームが好きな方でも満足できる内容に仕上がっています。

流血が多いですがより迫力ある映画を観たい方にはオススメ。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

フライボーイズ

フライボーイズ プレミアム・エディション [DVD]フライボーイズ プレミアム・エディション [DVD]
(2008/03/21)
ジャン・レノマーティン・ヘンダーソン

商品詳細を見る


★★★★☆

戦闘機は戦闘機でも複葉機が乱舞する第一次世界大戦当時のパイロットのおはなしです。
飛行機が今のようなハイテクの塊としてではなく、より人の操作や感情を剥き出しにする道具として登場してきます。

ストーリーの展開を見ると松本零士の戦場漫画シリーズを観ているような感覚にもなれます。
お国柄は違えど若き戦士が命を散らすという演出には弱いので切なくなります。

ジェームズ・フランコやジャン・レノといった一度は観たことあるであろう役者さんも登場しますしオススメの映画ですよ。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ジャーヘッド

ジャーヘッド [Blu-ray]ジャーヘッド [Blu-ray]
(2009/09/18)
ジェイク・ギレンホールピーター・サースガード

商品詳細を見る


★★★☆☆

これまでとは違った視点によって構成された戦争映画です。

ただただ備え、待つことだけを強いられる兵士達の精神状態がきわどい。
いい俳優が集まってるので表情の変化などが心を揺らしてきます。

銃弾や爆撃が画面を覆う恐怖ではなく、ただ戦争という状態の中で自分の精神と戦う兵士たちからはなんともいえない恐怖すら伝わりますね。

多少退屈かもしれないですが面白いですよ。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

イングロリアス・バスターズ

イングロリアス・バスターズ [Blu-ray]イングロリアス・バスターズ [Blu-ray]
(2010/05/12)
ブラッド・ピットメラニー・ロラン

商品詳細を見る


★★★★★

ナチSS隊長のハンス・ランダ役、クリストフ・ヴァルツが怪物すぎる。
初めて見た俳優さんですが仕事増えるんじゃないかな?
ちょっとマルコヴィッチに似てるかも。

音楽と台詞、そしてそれらのシーン切りがとても単純かつ絶妙な演出が行われて胸や脳を刺激してくれます。
バイオレンスと知的がかったユーモアの融合がグッド!

チャプター分けされた映画ですが複雑にならずテンポよく進みますね。

魅力的なキャラクターも沢山でおなか一杯になる映画です。
ブラピが霞むのはしょうがない。。。

血液が結構流れる映画ですので苦手な人は…我慢しても見る価値あり(笑)




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

戦場からの脱出

戦場からの脱出 [Blu-ray]戦場からの脱出 [Blu-ray]
(2010/04/16)
スティーブ・ザーンジェレミー・デイヴィス

商品詳細を見る


★★★★☆

悪いところは無いです。
実在の人物の自伝を元に制作されたベトナム戦争時代のお話。

敵地に墜落してしまったパイロットが拷問を受けつつ劣悪な収容所に入れられてそこで出会った仲間と脱走&サバイバル、というのが全体のお話。

さすがクリスチャンだけあって気合や役への情熱が伝わります。
ラスト周辺は感動。

金よりも演者の体力勝負といった映画ですね~。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。