HOME   »  SF映画・ロボット・宇宙
Category | SF映画・ロボット・宇宙

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

トロン:レガシー

トロン:レガシー DVD+ブルーレイ・セット [Blu-ray]トロン:レガシー DVD+ブルーレイ・セット [Blu-ray]
(2011/06/03)
ジェフ・ブリッジス、ギャレット・ヘドランド 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

デジタル業界のカリスマとして名をはせるエンコム社のCEO、ケヴィン・フリンの
謎の失踪から20年。ある日、27歳に成長した息子のサムに父ケヴィンからのメッセージが届く。
消息を追ってケヴィンのオフィスに足を踏み入れたサム。だが、彼は知らなかった。
そこはケヴィンが創造した理想郷への入り口……あまりにも美しく、あまりにも危険に満ちた新世界、
グリッドへの扉だった。迷い込んだ世界で命を狙われ、サバイバルを強いられるサムだが…。

コンピュータの世界であんなことやこんなことをしてみたい。

主人公のサム役を演じるのはギャレット・ヘドランド、『エラゴン』や『トロイ』に出てた
らしいですが全く記憶にございません。
もう一人の主人公と言えるのが彼の父親、『トロイ(1982)』でも主人公を演じたジェフ・
ブリッジスが20年以上の時を越えて再びケヴィン・フリンを演じております。

物語の中のケヴィンはずいぶん年をとった感じ、というかジェフ自身がもう60歳なので
しょうがないのですが、作中に出てくる悪役・クルーはケヴィンの30代の頃をコピーした
容姿をしています。

ベンジャミン・バトン』の時にブラッド・ピットに使用された、CGで作られた顔を代役の
俳優に合成する技術が使われているんですが今回は結構自然で良かったと思います。
『ベンジャミン・バトン』の時はなんていうかメチャキモかったですからね。はい。
あ、物語の名前にもなっている彼にもこの技術が…ゲフンゲフン。

ヒロイン、というか物語のキーワードでもある女性クオラを演じたのはオリビア・ワイルド、
彼女を拝見したのが、ジャック・ブラック主演コメディ映画『紀元一年が、こんなんだったら?
が最後だったのでなんだか変な感じでした。あ、でも綺麗だったですよ。

ジェフ演じるケヴィンは、禅とか囲碁、瞑想などを生活に取り入れるようになっている一方。
前作でフル活用された『ユーザー・パワー』も健在です。
これはコンピューターの世界で使われるユーザーの想像力を駆使した力なんですが、
彼の見た目といい、パワーの内容といい、あれです、ジェダイです。
で、主人公サムはこの力を使うことは無かったです。

その他、マイケル・シーンがちょっと危ないノリのプログラム・キャスターを演じたり
してくれているのですが何のためのキャラクターなのかわからない扱いでしたね。

世界観や各種の設定が独特なので色々とツッコミを入れる映画ではありませんし、
素直に最先端のCGや撮影技術を楽しんでしまえばいいのではないでしょうか。
というよりそれ以上の深さというのは私には見つけられませんでした。
前作からのネタやお楽しみ要素もそこまで無いですし。。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ジュラシックパーク

ジュラシック・パーク 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]ジュラシック・パーク 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]
(2009/07/08)
サム・ニール、ボブ・ペック 他

商品詳細を見る


★★★★☆

アリゾナの砂漠地帯で恐竜の化石の発掘調査を続ける生物学者のグラント博士と
古代植物学者のサトラー博士は、突然やって来たハモンド財団の創立者ハモンド氏に、
3年間の資金援助を条件にコスタリカ沖の孤島へ視察に来るよう要請される。
視察には、数学者のマルカム博士や、顧問弁護士ドナルド・ジェナーロ、それにハモンド氏の
2人の孫、も招かれていた。島に到着した彼らの目の前に現れたのは群れをなす本物の恐竜たちだった。

久々に見てもおしっこちびりそうさね。

---あ、ネタバレなので一応観てない人はスルーしてください---




WOWWOWでやってたのでかなり久々に観てみました。
すごいですねー、劣化しませんねー。
特殊効果、音声、CG、ものすんごいこだわりが見えます。
だってもう20年近く経つんですよ?すごすぎじゃない!?

さてさて、超メジャー映画で地上波でもワサワサ放送されたので
特筆すべきことは少ないですが何度見てもサミュエル・L・ジャクソン扮する
アーノルドさんが悲惨ですよね。豪快に喰われてるっぽいのにそのシーンすら
ありませんでした。

あとロバートさん(飼育員)が高性能ショットガン・スパス12でラプトルと戦おう
とするシーンは手に汗にぎりました。が、『利口な奴』によって…。
せめて一発くらい撃って欲しかったです。

館内を制御するコンピュータなんかはちょっぴりっていうかかなり
歴史を感じさせてくれましたね。とってもスーファミチックですねぇ。

科学技術や生物学・物理学なんかのウンチクは登場しますが、
完全なるエンターテイメント作品なので突込みどころは色々と残してくれています。

特に大胆なのはラストのT-REX登場シーンでしょ。

『お前一体どこからいつの間に!!』
しかし当時は私も小学生。すっかり映像に心を奪われてしまっておりました。

曲も超大御所ジョン・ウィリアムズさんです。
当時はピアノを習っていたのでしっかりとマスターしました。

USJまたは本場USでちょっとだけ世界観が体験できますよね。
まぁラストのウォータースライダーでちびりかけましたけど。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

タイムマシン

タイムマシン 特別版 [DVD]タイムマシン 特別版 [DVD]
(2009/11/18)
ガイ・ピアース、ジェレミー・アイアンズ 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

H・G・ウェルズの有名な原作小説を、1959年に続いて再映画化したSFアドベンチャー。
亡くした恋人を救うためにタイムマシンを発明した男が、80万年後の世界をも目撃してしまう…。
(goo映画抜粋)

私個人的には大変好きな作品です。
ドラマ性など一切気にせず、真面目に科学映画を観ようなんて気は
さらさら、これっぽっちも無いのですから。

さて、この作品の凄さはタイムスリップ時の美麗な映像表現だけではなく、
その超強引な脚本にあるかと思われます。

その他技術的な設定、キャラクター設定などもパワー全開で
ツッコミの隙を与えてくれません。

恋人を救うために始めた『旅』はどんどん脱線していきます。
ラスト周辺なんか強引にも程がある。実にアメリカ的クライマックスです。

でも好き。

うおー、観終わったー!!という爽快感は感じることができる作品
ですのでまだ観てないという方はどうぞ。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

サウンド・オブ・サンダー

サウンド・オブ・サンダー [DVD]サウンド・オブ・サンダー [DVD]
(2009/07/08)
エドワード・バーンズ、ベン・キングズレー 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

近未来、人類はついにタイムトラベルの技術を手に入れた。
シカゴの旅行代理店タイム・サファリ社は高額所得者を対象に、
タイムマシンを使った白亜紀恐竜ハンティングツアーを売りにしていた。
ある夜、ツアー参加者を招いたパーティーにタイムマシンの開発者ソニア博士が乱入、
ツアーの「危険性」を指摘するが、その危険は現実のものとなってしまう。

見方を間違えなければ十分過ぎるほど楽しめる作品。

キャストもその辺のB級映画に比べれば上質ですしCGだって
一流では無いにしても真面目さと工夫を感じることが出来ます。

ただ、SF災害映画として観るのか、B級展開を望むパニック作品と
しえ楽しむことができるのかで感想が随分変わってくるかと思います。

当時は前情報一切なしで『恐竜がでるなら楽しみやわぁ』ぐらいの
奇怪な観方をしてしまった割には満足してたはずです。
最近DVDで観て「ありゃ?こんな作品だったっけ?」と思いましたから。

何はともあれ、見た目は豪華だが大味なオードブル映画なので細かいことを
気にしない高級志向の方以外にお勧めですね。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

プレデターズ

プレデターズ ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) コミック付きプレデターズ ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) コミック付き
(2010/11/17)
エイドリアン・ブロディローレンス・フィッシュバーン

商品詳細を見る

プレデターズ トリロジー ブルーレイBOX (初回生産限定) コミック付き [Blu-ray]プレデターズ トリロジー ブルーレイBOX (初回生産限定) コミック付き [Blu-ray]
(2010/11/17)
不明

商品詳細を見る


★★★☆☆

地表への落下中に目覚めた主人公は辛くもパラシュートによって命拾いした。
同じく集められた傭兵、囚人、暗殺団の一員など、まさに全員が戦闘のエリート。
幾度か危機を乗り越え、実は彼ら自身がその地球外生命体の獲物だったことに気づく。
そして新種のプレデターたちと人類史上最凶の壮絶バトルが始まった…。

唯一の女性、アリシー・ブラガさんが可愛いですよね。
なんだかミステリアスで女性版オーランド・ブルームという顔立ち。

主人公エイドリアン・ブロディはどえらい体になってますね~。
ひ弱なイメージが変わりましたよ全く。

さて、十分楽しめましたしある意味での「見ごたえ」も感じました。

ただ、イロモノ映画はイロモノ映画でしか無いのかという半端なクオリティ。
前半の煽りとキャラクターの配置は素晴らく、大きな希望を持たせてくれただけに…。

あとローレンス・フィッシュバーン…物語のキーマンとなるのかと思いきや…。
"見えない相棒"とお喋りしちゃうのは可愛いですがいまいちな設定でしたね。

プレデターさんにしても種類があるはずなのにほとんど区別できてないし。
しかしながら正々堂々、強敵をリスペクトする本来の姿勢は感じましたわ。

キャラクターの一人である日本のヤクザ「ハンゾー」が中々いいキャラです。
っていうか後半彼のせいで盛り上がりそして…げんなりします。

クライマックスからラストまでがちょっと慌ただしく、本来のスリルや
アクション性が失われてる気がします。
派手にするならとことん派手にして欲しかった。

駄作と切り捨ててしまうのは簡単なので良いところを観つけて楽しんでください☆





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

タイムライン

タイムライン [DVD]タイムライン [DVD]
(2006/06/23)
ポール・ウォーカーフランシス・オコナー

商品詳細を見る


★★★☆☆

フランス南西部の修道院跡で行われている発掘チームが14世紀の地層から
現代のものと思われる眼鏡レンズと“Help me”と書かれたメモを発見する。
レンズの度数は、プロジェクトの責任者・ジョンストン教授のものと一致した。
教授の息子のクリス(ポール・ウォーカー)ら発掘チームの面々は、発掘プロジェクトの
スポンサーであるハイテク企業・ITCを訪れ、驚愕の事実を知らされる。
教授は、ITCが開発した時空間転送装置で14世紀のフランスに旅立ち、
消息を絶ってしまったというのだ…。

前半は盛り上がりますが後半は慌しいですね~。

俳優陣もポール・ウォーカーやジェラルド・バトラーなど結構な面々。
特にジェラルドさんは主役を食っちゃってる感じ?

タイムマシン(転送機)自体の設定に突っ込む人が多いですがそこは気にしないこと。
文句言う人に限って某車型のタイムマシン映画が好きだったりします。

恋愛、バトル、各種設定と要素は多いですがそれなりにロマンを感じながら
楽しむことができると思います。
「時代が変わってしまう!」とかのありがちなセリフも出てきますが割と
平気に過去で大暴れしている作品です。

あくまで娯楽SF映画ということ。
この当時ってタイムマシンものが結構流行ってましたよね?
個人的に大好きな部類なのでまたさらにクオリティの高い作品に
出会いたいな~と思っております。








イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

レポゼッション・メン

レポゼッション・メン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]レポゼッション・メン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
(2010/11/10)
ジュード・ロウフォレスト・ウィテカー

商品詳細を見る


★★★★☆

人工臓器によって延命が図られている未来にてユニオン社は様々な
臓器をローンで売っていたが、支払いが滞った場合、レポ・メン(取り立て屋)を差し向け、
臓器を容赦なく「回収」していた。
主人公レミーは、一流のレポ・メンであったが、レミーの妻は人の命を奪う
夫の仕事に嫌気がさし、家を出てしまう。
ある日、レミーは仕事中に「事故」に合い、今度は自分に人工心臓が取り付けられる事態に陥る。

マイノリティ・リポートほど飛んだ未来ではないですが似た雰囲気を感じました。

ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ
など、実力のあるメンツががっちり揃った作品です。

ですがちょっとキャラクターが卑怯かなぁ。。
主人公の親友の動機や位置づけをもっと濃くして欲しかった。
例えば「親友でありながら超絶ハードゲイな理想家」とか。

あと嫁が理解力なさすぎ、気持ちはわかるが2時間の作品の中で
ああいったキャラだとまず好きになれないですね。

クライマックス周辺はとてもセクシーかつバイオレンスな表現が詰まっていますね。
一番撮りたかったのがああいう愛の形なんじゃないでしょうか。

予想はできる範囲での終わりかたで「あぁ、そこからなのか」と感じるでしょうね。
伏線が多くて優しい映画ですのでもっと卑怯な作りでも良かったかもです。

割と全体的に「切る」「刺す」「開く」の映像が多いので出血が苦手な人は要注意。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

CARGO カーゴ

CARGO カーゴ [DVD]CARGO カーゴ [DVD]
(2010/06/02)
アンナ=カタリーナ・シュワブロマルティン・ラポルト

商品詳細を見る


★★☆☆☆

2267年、環境の汚染が進んだ地球、人類は宇宙ステーションに移り住んでいた。
(ガンダムですね~、分かる人しか分かりませんが)
環境に恵まれた惑星レアへの移住を希望している主人公ラウラは、移住計画の
裏に潜む巨大な謎に近づいていく。

雰囲気のあるSF映画ですね。
ドイツ語の映画でしたがスイス映画のようです。

エイリアン的な未知の生命体は出てきませんし、派手なアクションは一切なし。
美麗なCGと宇宙船という限られた空間ながら壮大な画面表現物語が進みます。
SFサスペンスというのが一番しっくりきますね。

しかし眠い、長い、友人はダウンしました。

設定や背景の細かさ、CG技術の高さに感嘆することはありつつも、
その浮き沈みの少なさやスローテンポに苦しみます。
せいぜい100分程度の作品なのに随分長く感じました。

アクション性を高めた謎解き。
世界観や設定はそのままに「アイ・ロボット」や「マイノリティ・リポート」
みたいな感じになったらよかったにゃ~と思う単純お馬鹿なワタシがいました。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

月に囚われた男

月に囚われた男 [Blu-ray]月に囚われた男 [Blu-ray]
(2010/08/11)
ケヴィン・スペイシー(ガーティの声)サム・ロックウェル

商品詳細を見る


近未来、エネルギーが枯渇した地球へ新資源のヘリウム3を地球に送るため
「ルナ産業」から月へと派遣された宇宙飛行士のサム。
「街の模型作り」と植物の育成、そして人工知能ロボットガーティとの
会話で気を紛らわせながら愛する家族との再会を心待ちにしていた。
そして3年の契約期間が残り二週間に迫った頃、自身や環境に変化が訪れる…。

月です。

暗く静かな環境ですが美しく表現されています。
通信機器も故障中でリアルタイムな通信もできない月面基地で
孤独に耐えながら黙々と仕事に当たる主人公をサム・ロックウェルが
演じています。

冒頭、SFスリラーチックに始まりますが、あまり考える必要はありません。
謎解きの要素は特に無く、主人公の行く末を見守る展開に心を奪われます。

切なさや哀愁が画面いっぱいに広がる作品ですが、鬱展開は免れています。
「もし自分だったら」を考えるのもこの映画を楽しむ大きな要素ですね。

また、人工知能ロボットガーティの「声」役のケヴィン・スペイシーがこれまた素晴らしい。
時に不気味な印象さえ与えてくるガーティだが、その人間味の溢れる判断力や
「表情」は観る人に大きな印象を植えつけたでしょう。

前半やや眠たくなるような流れに心配がありましたが観て良かった作品です。
ちょっと静かに宇宙を感じよう、そんな時に観たいですね。







イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

バイオハザード ディジェネレーション

バイオハザード ディジェネレーション [Blu-ray]バイオハザード ディジェネレーション [Blu-ray]
(2008/12/26)
ポール・メルスィエ/山野井 仁アリソン・コート/甲斐田 裕子

商品詳細を見る


★★★★☆

期待感がほぼなかったからか内容には少々驚きました。
綺麗なCGと全体のボリュームは本格作品のレベルでしょう。

前半はゾンビの溢れる空港からの脱出。
後半は陰謀渦巻くパニック作品へ、という流れも意外で楽しめました。

ただし、ゲームあっての内容、つまりファン映画なのが残念。
世界的な人気を持ったゲームですがどうせなら初見の人も
取り込んで派手なゾンビ映画にして欲しかった。

割り切った分原作ゲームからのオマージュも用意されていて
昔ながらのファンなら更に楽しむことが出来きるんですがね。

また、特典映像の中に遊びで作ったムービーも用意されていて
制作チームの茶目っ気も伺うことが出来ます。

次回があるならぜひオリジナル作品でお願いしたい。
ミラ・ジョボビッチ主演の実写シリーズでも物語のリセットが
計画されているようですが…どうなるかな?

バイオハザード5 オルタナティブ エディションバイオハザード5 オルタナティブ エディション
(2010/02/18)
PlayStation 3

商品詳細を見る





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。