FC2ブログ
HOME   »  コメディ・パロディ映画
Category | コメディ・パロディ映画

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

サンキュー・スモーキング

サンキュー・スモーキング (特別編) [DVD]サンキュー・スモーキング (特別編) [DVD]
(2010/06/25)
アーロン・エッカート、マリア・ベロ 他

商品詳細を見る


★★★★☆

タバコ研究アカデミー所属のPRマン、ニック・ネイラーの使命は、得意の話術で
タバコ業界への手厳しいバッシングをかわすこと。その巧みな論理のすり替え
テクニックから「情報操作の王」と異名をとる彼の評判はすこぶる悪いが、
一人息子のジョーイだけはそんな父親を尊敬していた。訴訟を未然に防ぎ、
反タバコ法案を掲げる上院議員をやり込め、ハリウッドをも巻き込むあの手
この手の戦略を展開するが、思わぬ落とし穴が待っていた…。

アーロン・エッカート(『世界侵略: ロサンゼルス決戦』、『ダークナイト』など)
マリア・ベロ(『ハムナプトラ3/呪われた皇帝の秘宝』、『アサルト13 要塞警察』など)
キャメロン・ブライト(『ウルトラヴァイオレット』、『バタフライ・エフェクト』など)
他にもロブ・ロウ、ケイティ・ホームズ、ウィリアム・H・メイシー、
デヴィッド・ケックナーなどなど、豪華な面々が登場します。

大衆社会での武器は表現力?

話術を武器にするお仕事、ロビイストが主人公の物語です。
ネゴシエイターでもあり、そのハイレベルなディベート能力から「情報操作の王」
などと異名をとっているタバコ業界ロビイストのニック・ネイラー。

『タバコは害のあるもの』という社会情勢のなか、決してその健康被害を否定せず、
なおかつ論点を少しずつずらして目の前の相手をやりこめる、または問題定義を転換
することで大衆を注目させ、自らの見方につける、というまさに皮肉で口八丁な
シーンが登場します。

自らは仕事へのやり甲斐や意義は感じているものの、タバコへの信仰心的な視点は無く、
あくまで「仕事は生活、ローンのため」と言い切り、一人息子のジョーイを大切にする
良き父親の面も見られます。

夜な夜な行われるロビイスト仲間との会合シーンは印象的。
銃器販売メーカー、アルコール販売メーカー、そしてタバコメーカーの各ロビイストが、
社会への本音や現状をユーモアたっぷりで面白おかしく話してますね。
これがまた互いの仕事の理解者でもあるので主人公が「ある窮地」に陥った
際にも、簡単には離れない絆というものも見られました。

タバコへの印象操作の為に、ハリウッド映画界に入り込んだ周辺のやり取りは秀逸。
ブラッド・ピットとキャサリン・ゼタ=ジョーンズのベッドシーンにセクシーな
喫煙シーンを盛り込むことでイメージアップを図る、なんて計画を真剣に交渉する
関係者たちが楽しい。事実、スポンサー抜きでは映画は作れないのだからこういった
交渉はタバコにかかわらず進められているのでしょうね。


そうして、時にはガン患者や議員までやり込める「超やり手」の彼ですが、決して
無機質ではなく、人間らしい姿で描かれていたのが好印象です。
息子であるジョーイに対しても、ロビイスト的な話口を教えている彼ですが、
決して彼の選択権を奪わず、口八丁で教育を行う父親でもなさそうです。
あ、他所の子供は別です(笑)

さて、言葉の面白さも多く扱った今作ですので、人前でプレゼンすることの多い
人にはちょっとしたヒントが含まれているかもしれません。
実際僕はちょっと勉強になりました。

あ、映画内に喫煙シーンが一切出てこないのも面白いですね。
日本の喫煙事情や大衆の扱いが違うのを考えながら見ると余計楽しめるかも?







イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

お風呂でGO!!!!!タイムマシンはジェット式

オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式 [Blu-ray]オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式 [Blu-ray]
(2011/08/03)
ジョン・キューザック、クラーク・デューク 他

商品詳細を見る


★★★★☆

アダム、ルー、ニックの3人は、それぞれに人生の悩みを抱えた中年親父。
古くからの友人である彼らは、アダムの甥でオタク青年のジェイコブを誘って、日頃の
鬱憤を少しでも晴らすために、思い出の地である山奥のスキーリゾートへ出かける。
そこで彼らはジェットバスの中で酒を大量に飲み、一晩中大騒ぎするのであった。
翌朝、彼らが目覚めると、そこはなんと24年前の1986年だった。
そうジェットバスの正体はタイムマシンだったのだ。うろたえる彼らだったが、
次第にこれはついてない自分の人生をやり直すチャンスだと気づく。

笑えるジョン・キューザックは初めてかも。

シリアス系や切れる役が似合うジョン・キューザック(『2012』、『1408号室』など)が
ロブ・コードリー(『ベガスの恋に勝つルール』など)らと贈るタイムスリップコメディ。

その他クレイグ・ロビンソン(『スモーキングハイ』など)、クラーク・デューク(『キック・アス』など)
クリスピン・グローヴァー(『ギルバート・グレイブ』、『アリス・イン・ワンダーランド』など)らが
おふざけモード全開で登場しています。

いやぁいいですねぇ。
これで主人公が少年少女なら『未来を守らなきゃ』的なファンタジー&感動巨編とかに
なってくるのでしょうが今作は完全におっさんばっかり。しかも人生に疲れたおじさま。

彼らがお風呂で馬鹿騒ぎして眠り込んだ間にタイムスリップしたのは80年代。
一番彼らが輝いていた時代に戻ってしまった彼ら。しかも彼らの外見は周りの
人間からの視点だと20代の頃の姿に映るのだ。

未来を変えないように恐る恐る行動する彼ら。
"殴られた"、"フォークで刺された"そんな嫌な過去でもなぞらなければならない。
でも序盤以降彼らは気づいてしまうのだ。

『あれ?俺ら守る未来なんてないじゃーーん!?』

はい、という具合にプッツンしましていい思い出作りにもどーんと乗り出しちゃいます。
これがウィル・フィレルの映画ならハチャメチャな未来になってしまいそうですが
この作品の彼らはもとが小心者で不器用なのでそんなにひどい事にはなりません。ご安心を。

「過去」という設定の中で起こした行動の中で面白かったのが、
未来で浮気した奥さんを持つニックが、まだ子供時代を送る奥さんへ電話し、浮気を
責め立てるところ。この行動がラストに響くことに…。

また、唯一過去の舞台で存在するはずのないジェイコブもいい働きです。
割としっかりしたモラルを備える彼が一番苦手なのが馬鹿で下品なルー。
そのルーが若かりし頃の自分の母親とSEXするのを阻止しよう跳びかかった瞬間。
『ポンっ』とジェイコブが消えてしまうというシーン。
これは一体どういうことか…?

さて、とにかくお笑い満載でハイテンションなコメディ映画です。
その設定ちょっとおかしくね?なところもありますが気にしない気にしない。
細かい点を気にするくらいなら随所にある細かい笑いでお腹いっぱいになりましょう。

あ、ちなみに下ネタ注意報です。
お勧めですけどね。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

タラデガ・ナイト オーバルの狼

タラデガ・ナイト -オーバルの狼- コレクターズ・エディション [DVD]タラデガ・ナイト -オーバルの狼- コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/09/02)
ウィル・フェレル、サシャ・バロン・コーエン 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

幼少から速さに取りつかれたスピード狂のリッキー・ボビーは念願の人気カーレース
“NASCAR”へ出場することになった。かねてよりの親友カルをチームメイトに加え、
名声を我が物にするリッキー。しかしそんなある日、フォーミュラ1のフランス人レーサー、
ジャン・ジラールがNASCARに参戦し、リッキーは彼に勝負を挑む。
そして、レース中にリッキーは大クラッシュし、トラウマからレース界から一線を引くことに…。
富も名声もなくなり、崩壊寸前まで陥るリッキーだったが…。

そういえば馬鹿で自惚れ屋な主人公が改心していくコメディ作品って多いね。

もうすっかり大好きになったウィル・フェレルのカーレース・コメディ。
本作ではサシャ・バロン・コーエン(『ボラット』、『スウィーニー・トッド』など)、
ジョン・C・ライリー(『ダレン・シャン』、『アビエイター』など)が登場し、
主要なキャラクターとしてふざけまくっています。

キュートなエイミー・アダムス(『ナイト・ミュージアム2』、『魔法にかけられて』など)、
意外と器用なマイケル・クラーク・ダンカン(『恋愛ルーキーズ』、『グリーンマイル』など)
らも登場し、ただでさえ大騒ぎな映画に彩りを加えています。

まず始まりからおかしい。
もともとレーサーではなく、ピットスタッフだったリッキーは、
レース中にトイレ&お食事に行ってしまったレーサーの代わりにドライバーとして
レースに参加することに。願ってもない状況にはしゃぐ彼だが、陽気な彼と裏腹に
レーサーとしての才能が開花し、その後レース界を代表するドライバーに成り上がった。

友人でサポートドライバーのキャルと共に勝利を重ね。
お金も名誉も手に入れた彼だが、ある日それまでF1で活躍していたフランス人ドライバー、
ジャン・ジラールがNASCARへと参戦してきたことで生活が大きく変わってしまう。

ジャンとのレース中大クラッシュしたリッキーはスピード恐怖症となってしまったのだ。
スポンサーはもちろんのこと妻や信じていた友人にすら裏切られた彼はこれからどうするのか…?

結構かわいそう!

主人公の奥さんは最初からビッチ臭丸出しだったんでまぁいいんですが、
もともとリッキーのサポートばかりで勝利レーサーとして表彰台に上がれない
ことに不満を抱えていた友人キャルの裏切りは大きい。

奥さんも家も、チームの代表ドライバーの権利も友人キャルのものに…。
でもその悪気のなさそうな気の抜けた雰囲気にどうしても笑ってしまいます。
この辺はライバルのジャン・ジラールも含めてうまい具合にラストでまとまるので
まぁ気軽に復活劇を楽しんで下さい。

全体的に笑いどころは多かったです。
事故で下半身が麻痺したと思い込んだリッキーが自分の足にナイフを突き立てたり、
はたまた体に火がついたと勘違いした彼が裸で駆けまわったり…。
つまり、いつもの感じです。

ただ、この作品は尺が長い代わりにコミカルな登場キャラクターが多いので
話の展開と共に独特な笑いの雰囲気も楽しめるのでは無いでしょうか。
主人公の父親役のゲイリー・コールも、笑いと掴みどころのない役風で楽しかったですよ。

体力があるときにお勧めの作品です。疲れてる日はややキツイかも。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ガリバー旅行記

ガリバー旅行記 3枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]ガリバー旅行記 3枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
(2011/08/03)
ジャック・ブラック、ジェイソン・シーゲル 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

ニューヨークの新聞社で郵便係として働くガリバー。うだつのあがらない彼だが、
5年間片思いしている旅行記者のダーシーからバミューダ・トライアングルの取材を
持ちかけられ、取材旅行に行く事に。しかしバミューダ沖で嵐に遭遇した彼は、
中世風の衣装を着た小人たちが暮らすリリパット王国に流れ着く。一度は囚人として
捉えられた彼だが、その体の大きさを活かして敵国の襲撃を蹴散らした事から、
英雄として扱われるようになる。

ジャック・ブラックのいつものやつです。

ジャックブラックの今回の相手役にはアマンダ・ピート(『2012』、『シリアナ』など)が
コミカルなキャラクターで登場しています。
その他ビリー・コノリー(『処刑人』、『ゾンビーノ』など)ら個性的な面々が登場。
もちろんジャック・ブラックはアホほど目立ってくれている作品です。

お馬鹿さんが調子にのる→窮地に陥る→改心する→爽やかハッピーエンド。
というジャック・ブラック定食な本作ですが、今回は特にむちゃくちゃです。

まさにファミリー向けで疑問やツッコミはするだけムダというお気軽仕様。
内容の厚さやしっかりとした設定を要求するのは余りにも無粋です。
きちんと割り切ってお手軽コメディを楽しみましょう。

とはいえ終わってみれば場面場面をコンパクトに抑えて繋ぎ切る技術や
短い尺の中での豊富なネタなど、評価すべき点は見つかるはずです。
個人的にはいろんなメディアや映画をオマージュにしたネタが好みでした。

小人の国の人たちも、最初は独特なしゃべりとキャラクター性だったのに
物語の後半には衣装も喋りもニューヨーカーっぽくて笑えてきます。

笑いに根拠を求める方や
第一にジャック・ブラックの風貌やアクションに笑えない人は無理な映画です。

ジャック・ブラックをこれから楽しみたい人にはまず『スクール・オブ・ロック』や
グウィネス・パルトロウと共演した『愛しのローズマリー』をお勧めします。
この辺が楽しめない方は…ベン・スティラーやウィル・フェレルら他俳優をどうぞ。








イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ウルトラ I LOVE YOU!

ウルトラ I LOVE YOU! [DVD]ウルトラ I LOVE YOU! [DVD]
(2010/07/21)
サンドラ・ブロック、ブラッドリー・クーパー 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

メアリー・ホロウィツ(サンドラ・ブロック)は新聞のクロスワードパズル作家である。
ある日、彼女の両親が、メアリーにデート見合いをさせ、はじめは乗り気ではなかったが、
ケーブルテレビのカメラマンでイケメンのスティーブ(ブラッドレイ・クーパー)と自宅で会うと、
一目ぼれをしてしまう。デートであと一歩のとこで、スティーブは仕事でいってしまい。
メアリーはその日からスティーブが行くところへストーカーもどきをし始める。

サンドラ・ブロック・・・・・・

『幸せの隠れ場所』ではアカデミー賞でオスカーを獲得したサンドラ・ブロックが主演。
相手役にブラッドレイ・クーパー(『特攻野郎Aチーム』、『ハング・オーバー』など)、
その他、トーマス・ヘイデン・チャーチ(『エディ・マーフィの劇的一週間』)や
ケン・チョン(『ハング・オーバー』、『スモーキング・ハイ』など)らも登場。

ちょっとどころではないいかれっぷりのサンドラ・ブロックが楽しめます。
真面目なヒロインから派手めのキャラ、そして笑えるコミカルガールと、
様々な作品で器用な演技を見せてくれるベテラン女優さんですよね。
この作品の年には、当作品で獲ることになってしまったラジー賞と同時に、
『幸せの隠れ場所』での名演でオスカーを受賞する底なしの器用さを見せてくれました。

さて、そんな彼女が演じる世渡り下手で不器用、でも雑学豊富なクロスワードパズル作家
であるメアリーは、両親の紹介でスティーブというイケメンカメラマンに出会い一目惚れ。
出会うやいなや彼に襲いかかる積極的なメアリーだったがすんでのところで彼に仕事の電話が。
彼女の行動にドン引きなスティーブは急いでニュースレポートを撮影する仕事に向かってしまう。
この時の社交辞令がいけなかった。

『君も一緒に行けたらいいのに、でも君にも仕事があるからね』

この後メアリーはハイテンションのままスティーブを題材としたクロスワードを作成。
公共の紙面を私的に利用したとして新聞社からクロスワード作成の仕事をクビにされることに。

『仕事がなくなった…スティーブに会いに行こう!』
実にクレイジーである。


その後様々なニュース現場で彼を追いかけるメアリーだったが、そのあまりに破天荒な
行動力に恐れをなしたスティーブは逃亡するばかり。果たしてこの恋の行方は…?

セリフも表情も、観ているこっちがにこやかになる作品。
しかもロードムービーっぽい魅力も兼ねていて、脇を固める人間臭いキャラクター人が
さらにこの映画を面白くしていると感じました。

笑いのポイントは多く用意されていますし、なんだか味のある終わり方も好きです。
主役二人のキュートでコミカルな演技にとっても満足。

色々と大げさでアメリカナイズな笑いも入っているので好みは分かれるでしょうが
個人的には十分に楽しめる作品でしたよ。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

26世紀青年

26世紀青年 [DVD]26世紀青年 [DVD]
(2009/10/02)
ルーク・ウィルソン、マーヤ・ルドルフ 他

商品詳細を見る


★★★★☆

アメリカ国防総省は、極秘で人間による冬眠プログラムを進めていた。
被験者には、典型的なアメリカ人である兵卒のジョーと、売春婦のリタが選ばれた。
1年間という設定で実験は開始されたがジョーたちは忘れ去られた存在となってしまう。
2人が目覚めた時は何と500年後の世界…。
環境破壊、食糧難、そして致命的な知性の低下を抱える堕落しきった未来。
果たしてジョーやリタはどうなるのか?元の時代に戻ることは出来るのか…?

ザ・バカ

ルーク・ウィルソン(『3時10分、決断の時』、『俺たちニュースキャスター』など)、
マーヤ・ルドルフ(『アダルトボーイズ青春白書』など)らで贈るコメディ作品。
その他、ダックス・シェパード(『トレジャー・ハンターズ』など)や
テリー・アラン・クルーズ(『GAMER』、『エクスペンダブルズ』など )が登場。
チョイ役でジャスティン・ロングやトーマス・ヘイデン・チャーチらの姿も。

計算ができない。常識が外れている。そんなレベルをはるかに超越し、
まともに会話もできない生きているのが不思議なぐらいの凄まじいバカばかり。

そんな時代に飛び込んだのが冬眠プログラムで500年の眠りから目覚めた普通の男ジョー。
そして同時に目覚めたのが売春婦のリタだった。

ジョーは持ち前の『普通』の思考や行動が通じない状況に混乱するなか、
むちゃくちゃな裁判にかけられ投獄されてしまうことに。
しかしながらさすがにバカの世界。難なく脱獄に成功するのである。
その頃リタは持ち前のしたたかさで何とか現状に対応しており、無事にジョーと再開。

この時ジョーと行動を共にしていたフリートが言うには、この世界にはタイムマシンが
存在しており、それを使えば過去に戻れるとのこと。
なんとも怪しい情報だが他に頼れるものは何もなく、とにかくタイムマシンを目指すことに。

しかーし、道中この時代の政府に捕まえられ、その『普通』な頭脳を見こまれたジョーは
国務長官に任命され、農作物の復活と砂嵐を止めさせられる羽目に…。

こんな時代だからこそ恐ろしい。

インテリが活躍する現代日本だって解決できない問題は超山積み。
そのインテリがまったく居ない恐ろしい世界を超コミカルで毒たっぷりに描いた作品です。
大統領は元ポルノ男優のマッスルボディ、医者や弁護士はヤク中のほうがましなレベル。
そんなとんでも世界を思いっきり笑い飛ばして欲しいですね。

医療も刑務所も司法制度も、そして原発も…生活を便利にしようとしたシステムも
扱う人間がバカばかりならその存在はかなりの不利益に。。そんな皮肉もたっぷりです。
まぁどうせバカばかりの映画なので難しいことは考えずに楽しむが勝ちですよ!
僕は意外としっかりした所がある大統領が好きでした。(あ、だから大統領なのかも?)




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

エディマーフィの劇的一週間

エディ・マーフィの劇的1週間 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]エディ・マーフィの劇的1週間 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2010/04/09)
エディ・マーフィ、トーマス・ヘイデン・チャーチ 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

金融企業の役員として多忙な日々を送るエヴァン。彼はライバルのキャリアに危機が到来。
その中仕事を優先して愛娘のオリビアには全然構ってやれず、彼女は空想上の友達と
遊ぶ毎日を送っていた。彼女との生活に困惑だらけのエヴァンだが、彼女の空想のおかげで
次々と仕事が上手くいくことに気づき、。空想上の友達を利用して出世しようと企みるが...
仕事、娘、そして空想の友達との触れ合いで彼が見つける『大切なもの』とは…?

意外な良作。

エディ・マーフィ(『ドリーム・ガールズ』、『ビバリーヒルズ・コップ』など)主演の
父と娘、そして"空想のお友達"との触れ合いを描いたハートフル・コメディ。
脇を固めるのはマーティン・シーン(『ディパーテッド』、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』など)、
トーマス・ヘイデン・チャーチ(『ウルトラI LOVE YOU!』、『スパイダーマン3』など)ら役者陣。

主人公エヴァンは根っからの仕事人間。キャリアを持つビジネスマンだが家族を
ないがしろにしがちで妻とは別居中。結果交代交代で一人娘オリビアと生活していた。
孤独からか、不安定な環境のためか彼女は大切な毛布を手放さず、その上空想上の
友達を作り上げ、一人で会話をすることもしばしば。

そんなオリビアとの接し方や生活に困惑するエヴァンだったが、金融プランナーとしての
仕事中、オリビアが言う空想の友達の助言が顧客の投資予想を的中させていることに気づき、
娘と空想の友達との不思議な交流が始まります。

決して冷酷な父親では無いのですが、仕事に没頭するあまり娘との積極的な交流を避け、
良い家族づくりとは程遠い人間だったエヴァン。
そんな彼も『仕事の成功の為』とあらば娘とも遊びますし見えない友達にも助言を求めます。
そして…仕事は大成功しライバルを突き放すことにもつながります。

しかし、結果それは仕事の成功のためだけに娘を利用するだけの父親であり、
そのデリケートな部分に気づいたオリビアは大きなショックを受けてしまいます。

果たしてエヴァンは彼女の気持ちに気づくことが出来るのでしょうか?
そして、同時に大きな局面を迎えている仕事の結末は…?

これがまたなかなかいいんだな!
笑いあり、涙あり、不思議有りで近年のエディ・マーフィ作品の中ではなかなかのもの。
特にライバルのネイティブアメリカン風エリート役のトーマス・ヘイデン・チャーチの
キャラクターがバカバカしくて笑えます。

クライマックスでは皆さんも一緒にビートルズの『あのナンバー』を口ずさみましょう。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

トレジャー・ハンターズ 進め!笑撃冒険王

トレジャー・ハンターズ/進め!笑撃冒険王 [DVD]トレジャー・ハンターズ/進め!笑撃冒険王 [DVD]
(2006/01/27)
セス・グリーン、マシュー・リラード 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

幼なじみのビリーの葬式に帰郷したダン、ボブ、トムの3人。再会を喜び、
暫し少年時代の思い出に耽った彼らは、ビリーが遺した宝の在りかを示す地図を手に、
まるでテーマパークに出掛けるかのように財宝探しに出発する。カヌーに乗って川下りを
する3人を待っていたのは、激流、熊の襲来、滝……。
そして、ジャングルでマリファナを栽培する悪党2人組に追いかけられるハメに。

非常に惜しいですねぇ。

セス・グリーン(『オールド・ドッグ』、『オースティン・パワーズ』など)、
マシュー・リラード(『デス・リベンジ』、『スクービー・ドゥー』など)の他、
ベテラン俳優バート・レイノルズら登場する冒険コメディ。
凶悪だけどトボけた麻薬栽培男にイーサン・サプリー(『アンストッパブル』など)が
出演するなど、結構期待だった作品です。

親友の葬儀に出席した幼なじみ三人が、親友の残した"秘密"の地図に記された
財宝探しに出かけることに…。
そのうち一人が野生のクマに育てられそうになったりカヌーで激流や滝に飲まれたり、
挙句の果てには隠された麻薬畑で悪党二人に追いかけられ、命からがらたどり着いた
先はスネ毛ボーボーな自然派主義を持つ美女たちのロッジだったり…。

ここまで聞くとハチャメチャで楽しそうですが笑いだけではなかった本作。

30代を迎えるまでにそれぞれの道を歩んできた三人が、楽しかった少年時代、
青春を再び謳歌しようとする姿はとっても温かいのです。
三者三様の生活がありながらも「バカな冒険をやるのは最後のチャンス」と一致団結し、
好奇心いっぱいだった少年時代の音楽やグッズ、思い出話に花を咲かせながら目的地を目指す…。

いいじゃないですか。男のロマンですね。
ただ遊びたいだけの旅ではなく、この旅によって何かを得ようとするとこが良いんです。

しかし笑いとしてはやや薄味な感触。
妙にインテリ風のセス・グリーンも良かったし、地に足のつかないプー太郎役の
マシュー・リラードも表情豊かで楽しい。けど薄い。
ベン・スティラー、ジャック・ブラック、ザック・ガリフィアナキスらのような、
『おもいっきり馬鹿をやってくれるキャラクター』が居ないことが悔やまれる作品ですね。

最後のまとめ方は早足ですがそれなりにスッキリできると思います。
仕事や生活にちょっぴり疲れ気味の方にお勧めしたい冒険コメディですね。

さらに年代が上のナイスミドルの方には『WILD HOGS/団塊ボーイズ』もオススメ。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

グレッグのダメ日記

グレッグのダメ日記 [DVD]グレッグのダメ日記 [DVD]
(2011/01/07)
ザカリー・ゴードン、ロバート・カプロン 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

ちょっといけてない少年生活を送っていたグレッグは、中学進級を機にイケてる
中学生になろうと決意。しかし、何をやっても上手くいかないうえに、太っちょの
親友ロウリーなど冴えない似た者同士に囲まれてうなだれるばかり。
そんな中、あるアクシデントからロウリーが人気者となってしまう。嫉妬と孤独に
駆られたグレッグはロウリーを踏み台にし、人気を得るどころか友情さえ失いかけるのだが…。

ラストが弱いに尽きる。

主人公グレッグ役にザカリー・ゴードン君、その相棒ロウリー役にロバート・カプロン君、
主人公のやや個性的な両親にスティーヴ・ザーン(『パーフェクト・ゲッタウェイ』など)と
レイチェル・ハリス(『ハングオーバー!』など)が登場。
意地悪な実兄をデヴォン・ボスティック(『サバイバル・オブ・ザ・デッド』など)が演じています。

そして!『キック・アス』で一斉風靡したクロエ・グレース・モレッツちゃんが登場します。
まぁなんといってもこれ以上に心萌える点はなかったわけです。

この作品ではかなり落ち着いた雰囲気で、主人公らのちょっとした道しるべ役として
要所要所に登場しております。

さて、内容は中学デビューを見事飾り人気者となり、卒業アルバムの人気者ページを
飾りたい主人公グレッグですが、彼にはなんの取り柄もありません。まさにのび太君です。
その上性格はずるがしこく、一番の友人でさえ踏み台にしか考えていない奴なのです。
外見がのび太君で中身がジャイアンというとってもマザー・ファッカーな主人公というわけ。

ピンチにも責任転嫁や嘘で逃れようとする決して愛されるべきキャラクターではないのですが、
不器用で要領の悪い、けどどこか直向な彼を可愛く思ってしまう人も多いはず。
そんな彼の生み出すイラストがところどころCGで登場し、映画を彩っています。

中盤以降、上手くいかないジレンマもあり、ある時唯一の友人ロウリーすら手放してしまう主人公。
そんなあまりにも自己中心的な彼が迎えるこの作品のラストとは?

・・・

すごい無理やりではないですがご都合的にまとめただけの弱いものでした。
ここがもうちょっと親切ならもっと面白かったのでは?

しかし、子役の質も高く、出てくる子役全員が大変魅力的な作品でした。
また、子供時代特有のルールやそれぞれの役割に『あー、こんな時があったなー』なんて
ノスタルジックな雰囲気にもなれる素敵な映画ですよ。
続編もあるのでぜひ観てみたいなと思います。

男性はイライラした方が多いようなので女性にお勧めかもです。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

オールド・ドッグ

オールド・ドッグ [DVD]オールド・ドッグ [DVD]
(2011/08/03)
ジョン・トラボルタ、ロビン・ウィリアムズ 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

子供が苦手で離婚歴があるダンと、独身貴族で大の女好きのチャーリー。
二人は親友で、仕事でもパートナーという関係にあった。そんな二人に大きな契約を
結ぶチャンスが訪れる。ここぞとばかりに張り切る二人だったが、時同じくしてダンの
目の前に7年前に一晩だけ関係を持ったヴィッキーという女性が現れる。
そしてヴィッキーは「実はダンとの間には双子の子供を授かっていた」という驚くべき告白をする。
この双子の出現でダンとチャーリーの生活は一変してしまう。

ジョン・トラボルタとロビン・ウィリアムズという豪華主演で贈るハートフルコメディ。
トラボルタの妻ケリー・プレストンと娘のエラ・ブルー・トラボルタも出演しています。

その他、セス・グリーン(『オースティン・パワーズシリーズ』、『ミニミニ大作戦』など)や
マット・ディロン(『クラッシュ』、『アーマード:武装地帯』など)らも、個性的でコミカルな
キャラクターを演じてくれています。

特にセス・グリーンはかなり狙って創られたマヌケなキャラクターなので全編通して
印象が強く残されてます。僕より身長が低いとっても貴重なハリウッド俳優さんですが、
トラボルタやロビン・ウィリアムズと比べても圧倒的にミニマム。
その可愛らしさもキャラクターを際立たせてましたね。

仕事と女性遊びが生きがいのチャーリーと、その親友であり子ども嫌いのダン。
その二人が突然双子の子供を預かることになり大奮闘。
とはいえ二人は人間味は豊かで明るくユーモアのある性格なため、なんとか子供を
満足させようとする姿はとても素敵でしたね。
子供たちもどこか冷めたところはあるものの、むちゃくちゃに暴れるわけでもなく、
子供なりにきちんと大人と接しているところに安心しました。
この手の映画で子供が意地汚く暴れん坊の性格だと結構イライラしますから。

やっぱこの手の流れだとだんだんと両者が理解し合って来るんですが主人公二人は
日本の大企業と大きな取引を進めている最中なのでなかなかどちらかに集中できません。
仕事か、それとも家族か、多くのキャラクターを巻き込んで迎えるクライマックスに
ご期待ください。

キレた悪役でも定評のあるトラボルタですが『ゲットショーティ』や『団塊ボーイズ』では
とっても魅力的な役を演じてますしコミカルな彼の表情も大好きです。
ちなみにこの映画は『団塊ボーイズ』と同じ監督さんなんですねぇ。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。