HOME   »  
 | 

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

アドレナリンRUSH


アドレナリンRUSH [DVD]アドレナリンRUSH [DVD]
(2014/11/05)
ブレッド・ダヴァーン、ボー・マーショフ 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

ダニー・クルーガーは、己の力のみで成り上がった孤高のドラッグレーサー。
その実力でレーサー教育の名門“ファースト・レーン・レーシング・アカデミー(学校)"に入校
することになった彼は、アカデミーで世界中の才能ある若者たちと争うことになる。
アカデミーでの過酷なトレーニングとレース漬けの毎日は、若者たちの間に軋轢を生み、
やがて喧嘩代わりの公道カー・バトルへと発展する。
しかし、それは事故という悲惨な結果を招き、ダニーはアカデミーから指定されチームを
組んでいた大切なパートナーを失うことになる。パートナーを失いアカデミーから退学を
迫られた彼は、アカデミーに残る条件として、憎しみの残るかつてのライバルと、チームを組むことを強要される。
そんなある日、プロのレーシング・チームからかアカデミーへ、1流レースへの招待が届く。
アカデミーより名乗りをあげられるのは、トップの1チーム・2人のみ・・・ 今、壮絶な戦いが始まる!

FT86よりもセリカの映画。

最近ハマりぎみなBクラスのカーアクション映画ですね。
とはいえこの作品、そこそこに作りが良い。そして日本人向けの
カーアクション映画とも感じました。

と、いうのも主人公が夢を追いかけて入校するファースト・レーン・レーシング・
アカデミーというレーサーの学校は、おそらくTOYOTAがメーンスポンサーとなっている
設定で、教習用の車もオールトヨタ、っていうかセリカ。セリカ映画と言っても過言ではない。


にも関わらず冒頭とラストの大事なところではスバル。スバルなのであります。
なんでFT86ではなくBRZを採用したのかを問いただしたいところではありますが
日本車がこうして登場してくることには喜びを感じます。

物語としましては非常によくある青春ストーリーが展開されますが決して
濃い味ではなく、あまり記憶に残らない程度の薄味で展開されます。


入校してライバルたちとの差に愕然とする主人公。それをあざ笑う憎きライバル。
意地の張り合いが発展したレースの事故でパートナーを失ってしまった主人公。
そんな彼の新たなパートナーとして指名されたのはかつての因縁のあるライバルだった。
窮地に立たされる主人公を恋人が心配して応援に駆けつけるも素直に受け止めきれず喧嘩してしまう。

悲運のどん底の主人公は、奇しくも因縁のライバルとともに自らの進み方、そして
レースの勝ち方を再び見つめなおす。やがて強まる絆、互いの弱点を補いつつ
勝利へ向かい切磋琢磨二人が辿り着くゴールとは?

という感じで本当もう気持ちのいいぐらいあるある映画です。

ただ、こういうクサイの嫌いじゃないんですよね。
一番好きなのはライバルがだんだんと理解者・相棒として変わっていく様ですね。

翼と小次郎、カカロットとベジータ、アムロとシャア、花道と流川などなど、男心を
くすぐるのはやっぱりライバルの存在でしょうよ。どうよ。

最後の方はレースものなだけに駆け足になっちゃってますがまぁまぁ楽しめました。
迫力、ドラマ、キャラクター、どれも薄味ですが車好きの方はどうぞ。






イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ネイビーシールズ:チーム6


ネイビーシールズ:チーム6 [DVD]ネイビーシールズ:チーム6 [DVD]
(2014/09/02)
カム・ジガンデイ、フレディ・ロドリゲス 他

商品詳細を見る


★★☆☆☆

見えない敵、錯綜する情報―。 悪夢をもたらした最凶の敵を、緻密な作戦によって
追い詰めたとき、 兵士たちは正義の銃弾を撃ち放つ! 特殊任務のみを担うエリート
集団 <ネイビーシールズ:チーム6>は、ビンラディン襲撃のときを待っていた。
不確かな情報をもとに、彼らは基地周辺を捜索していたが、リーダーであるスタナーが
何者かに撃たれてしまった!その場は敵を捕えなんとか難を逃れたが、真のターゲット
であるビンラディンの影はすぐそこまで迫っていたのだ。そして、遂にそのときは来た―。
錯綜する情報に翻弄されながらも、執念の追跡によって、ペンタゴンは、ビンラディンの
潜伏先への攻撃を命令した!果たして作戦の行方は?最も危険で不可能と言われた
作戦の全貌が、遂に今、明かされる―!

『ローン・サバイバー』や『ゼロ・ダーク・サーティ』などを見た後だと少しさびしい映画ですね。
もちろん、本来の戦争自体は無駄に派手であったり、話に深みがあったりするものでは
ないと思いますが、映画としての本作はやや退屈。

バックヤードでの話の流れはゼロ・ダーク・サーティのように分析官が奮闘する
シーンが差し込まれますが、今作のメインはネイビーシールズ側。
彼らの持つ葛藤や仲間との連携意識、現場での緊迫感などが中心に映されます。

が、シールズ仲間に嫁を寝取られたり。分析官と支部長がどう見ても出来てたりと
必要のない素材も多く、変に緊迫感を削ぐシーンも見られました。


その他、ウサマの潜伏地での操作を行う現地民チームや、現地での協力スタッフ
の描き方も中途半端、彼らがどういった行動意識でアメリカ政府に協力し、
今作のような結末を迎えることになったのか、そのあたりをもう少し見せてほしい。

訓練や突入に関しても派手さはありません。装備品も他作品に比べやや寂しい印象。
現実重視で淡々と作戦が遂行されるリアリティを見せたかったのでしょうか。
やはりエンタメとして見る分には空腹感の残る作品でしたね。

近年の戦争はゲリラ戦が多く、どこから敵が出てくるのかわからない恐怖心がありますよね。
その上ルールが有るわけでもないので地雷やIEDに対する恐怖や自爆テロも怖い。
そうした他角度的な緊張感がさらにつめ込まれていればもっと見応えがあったかも?




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

モンスター・トラック


モンスター・トラック [DVD]モンスター・トラック [DVD]
(2015/03/04)
トム・サイズモア、エヴァレナ・マリー 他

商品詳細を見る


★★☆☆☆

ジブは1735年に誕生してから300年もの間、番人によって隔離され続け、
今も捕虜として“キーパーズ"に監視されながら生きている。
彼女は人と悪魔の性を持つ伝説として葬られたジャージー・デビルだった。
悪魔の姿を持った弟とはテレパシーで会話し、密かに逃亡の時を待ち続けていた。
姉弟として結ばれた絶大な力に危機感を抱いた“キーパーズ"は、18輪のハード
トラックでジブらをある聖域へ移送をすることに。
しかしそこには、ジブ誕生の秘密に関するある策略が隠されていた・・・。

とりあえず面白く無いです。

ジャケットはまぁまぁ派手で裏側もそれなりに引き込んでくれそうな
ことが書いてあるのですがまぁ退屈な展開。

その昔、人々に囲まれながら生まれた双子は異形の生き物でした。
その生き物は教団により隠匿、監禁、拷問されながら生きています。
年月がたち、双子の異形な力がより強大になったことに不安を抱いた
教団は彼らをトラックで移送させることにします。

双子の片割れであるヒロイン・ジブはテレパシー能力で弟、といっても
完全に人ではない姿をしたジャージー・デビルと共に脱出を企てますが
何故か肉親同士が殺しあうことに。
人、半悪魔、悪魔の三つ巴の戦いが始まる。果たして生き残るのは…?

モンスターものでありながらどうでもいいストーリーを持たせてしまうと
ずいぶんと退屈でダレ場のある映画になってしまいますね。

モンスターはというものの、人間に恐ろしい幻覚を見せることでじわじわと
敵の数を減らしていくというのが主になるため絵的には非常に地味。
簡単に騙され、自分を失っていく人間たちですが、よくこれまで双子の
管理を出来てきたなと不思議に思います。
たまに超パワーや超スピードを見せてくれます。

宗教色はさほど強くなく、皆それぞれ何が目的で何がしたいのかが
よくわかりません。
っていうかトラックも主たる舞台ではないので邦題もよくわからない。。

割と好きなトム・サイズモアさんも出ていますが彼はどんどん質の低い
映画に登場してきますね。
やっぱし生活が乱れちゃう俳優さんは崩れますなぁ。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

シャークネード カテゴリー2


シャークネード カテゴリー2 [DVD]シャークネード カテゴリー2 [DVD]
(2015/02/04)
アイアン・ジーリング、タラ・リード 他

商品詳細を見る


★★★★☆

シャークネードの猛威に襲われたロサンゼルスは、フィンとエイプリルの活躍に
よって平和を取り戻していた。有名人となった2人は、フィンの家族と会うために
ニューヨークへと旅立つ。しかし、彼らが乗り込んだ航空便に、突如乱気流が襲い掛かる。
突風と共に機体にぶち当たった物体は、獰猛なサメであった…。

フルスイングバカ映画。

前作『シャークネード』の本格続編。
前作ではフリーだった主人公も前作の大活躍により元嫁とヨリを戻しているようです。

そんな二人が向かうのはニューヨーク。
向かう飛行機の中、早速サメが登場。上空何メートルやねんと突っ込む
隙もなく巨大なサイクロンに巻き上げられたおびただしい数のサメが
旅客機に襲いかかります。
これがまた機体にぶつかってくるだけではなく、乗客に喰らいついて
来るほどの獰猛さ、こいつらサメを何だと思ってるんだろうか。

サメも巻き上げられてるだけのはずなのにある程度自分の意志で
飛び回ってる感じがしますが気にするのはよしましょう。


機体に穴が空くほどの被害を負った旅客機はコントロールを失い、
あわや墜落というところでしたがこれまたフィンの大活躍により地上へ
降り立つことが出来ました。

その後再びヒーローとして祭り上げられるフィン。
本人の警告をよそに盛り上がる人々でしたが、サメを巻き上げながら
進む巨大な大災害はすでにニューヨークへ上陸しようとしていました。

序盤も大馬鹿だが後半は超絶ノリノリバカ。

案の定巨大な竜巻とともに登場するサメたち、ホオジロザメだけではなく
ハンマーヘッドシャークなんかも見ることが出来ました。
それらが上から降ってくるわ洪水と一緒に下からも泳いでくるわでもう大変。
場所が高層ビルで立てこもろうが関係なしに襲ってきます。バカすぎ。

それにノリノリで対抗しようとするフィンらご一行の武器はお手製爆弾や
バット、拳銃、そしてチェーンソーなどなど。今回は特にチェーンソーが大活躍していました。
絶対制作側がやりたかっただけだと思う。

冒頭の飛行機のシーンで腕を食いちぎられた嫁さんでしたが、なんと
この腕を改造して電気ノコギリをくっつけちゃうところはまさにノリノリ。
ついでに衣装までセクシーなボンテージ風になって登場してきます。

一方の主人公にも空飛ぶサメの背中に乗ってサメサーファーとして
大活躍するなど、数々の見せ場が用意されています。


この作品の素晴らしいところは「見てる人にここを突っ込まれるかなぁ」という
躊躇が一切ないところ。気持ちいいほどのバカな設定とご都合主義にあふれた
作品でありながらも、ファンを楽しませることには全力で考えている作品かと思います。

そんな、語るのは馬鹿らしいが見るのは楽しいこの一作。
サメ映画ファン、パニック映画ファン、そしてなによりもB級映画ファンに
もってこいのノリノリ作品でございました。
ぜひお楽しみいただきたいと思います。

なんと続編も出るらしいよ!やったぜ!







イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

スウィング・オブ・ザ・デッド


スウィング・オブ・ザ・デッド [DVD]スウィング・オブ・ザ・デッド [DVD]
(2015/02/04)
ジェレミー・ガードナー、アダム・クロンハイム 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

ゾンビ達で溢れ荒廃した世界で生き残る野球大好きコンビのベンとミッキー。
どこかにあるはずの安楽の地を目指し、車で旅を続けていた。
一見お気楽なキャンプ旅行。時には釣りをし、気分転換にキャッチボールをする。
人家をみつけると、勝手に入り込んで食料や必要な物資を補給する。
そして時々、ゾンビと遭遇する他は誰にも出会わない…。

ゾンビ殺戮にも慣れて気ままな生活を楽しむ野性的なベンと、以前の平安な
世界が恋しくてたまらない神経質なミッキー。ある日、たまたま拾ったトランシーバーの
無線で、どこかに生存する女性の存在を知った二人がとった行動は―。

まったりゾンビ映画。

『世の中がゾンビ映画みたいになったらどうする?』

この系統の映画のファンならば一度は話題に上がった話ではないでしょうか。
ホームセンターで籠城か、いや、スーパーで食料調達か?
大型モールは資源が豊富だがスペースが広すぎて危ないよな。
移動手段も確保しないと。あと情報の入手のためにラジオや無線はいるな。
有効な武器は?自衛隊の駐屯地でも行ってみる?
いやいや、辿り着いたとしても映画みたいに簡単に武器なんか手に入らない。
じゃあ日本刀だな、いや、そもそもそんなもんどこにあるんだ?
怪我したらどうしよう。病院も危なそうだね。
敵が走るタイプだったら?うん、諦めて籠城一択だね。

まぁあれだ、とにかく最初は飲もう。

そんな感じの会話を年に何回繰り返しているだろうか。

この映画の主人公は二人、ほぼ9割型ひげもじゃガッチリのベンと神経質で
繊細タイプのミッキーしか映し出されません。
ゾンビはさしずめこの主人公のために存在するモブのようなもので、
激しいグログロバトルやスリリングな追いかけっこも存在しない。
文字通りのロードムービーで、なんとなく安心して暮らせる場所を
ゆくあてもなく探して旅を続けています。

そんな二人に舞い込んできたのは無線から聞こえてきた生存者の会話。
懐疑的なベンに反し、ミッキーはこれこそ自分の生活を変えるチャンスと踏み、
彼らに出会うことが最大の目的だと盲信してしまいます。

しかし、その出会いは突然に。
果たして彼らの運命は?

見る人を選ぶ『ゾンビ映画』。

この手の作品を見るときに評価が別れてしまうのは、ゾンビが見たいのか、
それともゾンビが出てくる『映画』が見たいのか、といったところ。
暴れるゾンビに怯える生存者、時に戦い、時に逃走しサバイバルを行う。
多くの方はそういったところを楽しみにゾンビ映画を手にするでしょう。

しかし近年、大した設定や背景がなくても、ゾンビがいることが当たり前の
世界を、いかにドラマティックに描くのかをテーマにした作品がとても増えています。

いろいろメッセージなんかも汲み取りながら作品として終末的な世界観を楽しむ
ことも一興なのではないでしょうか。

ラストはとってもいい感じ。

この作品、決して多くを語って物語を盛り上げようとはしていない作品です。
ラストなんかも結構急で、こんな感じで終わるのか?というぐらいに淡白。

しかし、最後の主人公の目線は、これまで楽観的かつある種のあきらめを持って
この世界を生きてきた彼が、初めて本気で生きる理由を持った目線なのかもしれません。


考えようによっては濃ゆい作品ですし、続きが気になりながらも不思議な余韻が
残るゾンビ映画だったのだと個人的には受け止めております。

ま、ドラマ主体のゾンビが続いたので次は派手なゾンビ映画が見たいけどね。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。