HOME   »  
 | 

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ゾンビ・リミット


ゾンビ・リミット Blu-rayゾンビ・リミット Blu-ray
(2015/02/04)
エミリー・ハンプシャー、クリステン・ホールデン=リード 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

幸せなカップルのケイトとアレックス。ケイトは、ゾンビウイルスに感染した患者“リターンド"を
サポートする病院で働いている。リターンドの保護に反対する人々も多く、過激なグループは暴動を起こしていた。
そして、まことしやかに囁かれる噂が出回る。ゾンビウイルスを抑制するワクチンの残数はあと僅かである、と。
ケイトとアレックスは、大量のワクチンを抱えて逃亡することを決意。
ワクチンが無くなっていく恐怖、政府に発見される恐怖に怯える二人だが、本当の恐怖は別の所にあった。

完成されたゾンビドラマ。

ゾンビが過去のパンデミックで世界中を侵したある種の病気として描かれ、
主人公の恋人を始めとする多くの人間は、過去に発生したゾンビウィルスの
保菌者「リターンド」であり、特殊な薬品で体内のゾンビウィルスを抑制し、
人としての生活を送っています。

しかし、中にはゾンビウィルスの保菌者を差別的かつ暴力的に扱おうとする
ものもおり、いくら薬品があっても安心できる生活は遠いものだった。

社会情勢により抑制薬の数も減少していくが、リターンドを保護し
治療の解明にあたる施設が勤め先であるケイトは、あらゆる手を駆使して
恋人アレックスのためにワクチンを手に入れていく。

とは言え抑制薬の数には限界が。
その上社会はますますリターンドに対しての扱いがひどくなる一方。
二人は親友の作家夫婦にすべてを打ち明け、かくまってもらうことになる。

ここで、親友夫婦まさかの裏切り。

実は親友夫婦もリターンドであり、ケイトが生活や仕事を犠牲にしてまでも
手に入れた抑制薬を持って逃亡してしまった。
まさに万策尽きたケイトとアレックス。残された僅かな時間の中で彼らが
たどり着く結末は?

的な感じでゾンビが白木屋、いや、ワラワラ出てきてどんぱちかますような
映画ではないですので通常のゾンビ映画を欲する方には向いていないかも。

ただ、サスペンスとしての完成度は高く、一定の評価がある作品かと思います。

ラストシーンの無常さや、その後の狂気を感じさせるような終わらせ方は
なかなかに楽しむことが出来ました。
余韻の残し方としてはもっとちがう見せ方もあったかもしれませんが
こういうわかりやすいのもいいですね。


たまにはこんなゾンビ映画もいかがでしょうか~ってことで!




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

GODZILLA ゴジラ


GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組
(2015/02/25)
アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙 他

商品詳細を見る


★★★★☆

1999年、日本。原子力発電所で働くジョーは、突如として発生した異様な振動に
危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は崩壊し、
一緒に働いていた妻サンドラを亡くしてしまう。それから15年後、アメリカ軍爆発物
処理班の隊員である、ジョーの息子フォードは、日本で暮らす父を訪ねる。
原発崩壊事故の原因を調べようと侵入禁止区域に足を踏み入れた二人は、
そこで思いも寄らぬ光景を目にする。

アーロン・テイラー=ジョンソン(『キック・アス』、『幻影師アイゼンハイム』など)
渡辺 謙(『インセプション』、『ダレン・シャン』など)
ジュリエット・ビノシュ(『ワールド・ウォーZ』、トータル・リコール『』など)

大怪獣映画。

文句の付けようなど数えきれないほどでしょう。
でも怪獣映画としての賞賛部分は星の数ほど。
ゴジラを題材にこれだけの作品を作ってくれたことが何より本当に嬉しい。

小学校当時、激烈な田舎である島根県での映画観賞というのは本当に
特別なエンターテイメントであり夢のような時間でした。
その中でもゴジラ映画観賞なんていうのはアミューズメントパークに行くのと
同じくらいの興奮なわけです。この当時はしかも他の人気アニメとの
二本立て上映なんていうのもザラでしたのでなおのこと。

『頑張れゴジラ!』

20年の時を超えてそう叫べるような映画でした。

人間ドラマ多し。

物語の大半は人間ドラマとなっていますのでゴジラバンザイで頭が
いっぱいの場合はダレ場が多いと感じてしまうかもしれませんね。
主人公クラスの人物としてスポットを当てたいキャラは複数いるのですが、
尺の都合なのかアーロン・テイラー演じる爆発物処理班が中核となっています。

彼は正義感が強く、奥さんも、小さなお子さんも好き、ついでにオヤジも
オカンも大事にするタイプ、ほんでもって自己犠牲の精神も高いという
完全なる英雄タイプですので、どんなにダレ場があったとしても、
半ば強制的に彼を応援してしまうため退屈感は減るかと思います。


ここに絞ったせいで、その他のキャラの設定や背景が薄味になって
しまったのは少し残念と言えます。
渡辺謙演じる芹沢博士についても、本来とても重厚感のある役どころ
なのでしょうが、彼が背負うドラマの描写が少なく、ただ表情だけが
重たいおじさんになってしまっていました。


今作では大怪獣を前に無力さ満載の人類ですが、作戦シーンや各チームの
活躍については非常にかっこいい。電磁パルス攻撃によりすべての電子機器
をクラッシュさせてしまう的に対しての対抗策として、蒸気機関車を用いた移動や、
高高度からの生身の降下作戦などは非常に胸が踊ります。

どう考えても浅はかなシーンもあるのですが脳が考えることを拒否しました。

ただ原爆の描き方はちょっと…今作の原爆の悲劇的な部分を『広島か…』の
一言に集約してしまうのはいただけませんです。
ラストの爆発も必要だったのかどうか。。

怪獣万歳。

ゴジラの造形については特にいうことはありません。
平成ゴジラをめっちゃごっつくしたような感じでしたのでとても好きな形です。

今回、完全に前情報をシャットアウトして今作に挑んだわけですが、
なにより「敵」の存在にびっくりしました。敵、いたんだねーって感じ。
とってもギャオスっぽいのですが昆虫のようとも言えます。
飛行能力、電磁パルス能力、凶暴性、同族愛など、敵のほうがいろいろ設定が
あるんじゃないのというぐらい丁寧な描写が含まれていました。

バトルシーンついては特に文句なしです。
スピード感より圧倒的な重厚感がありましたし、きぐるみには出せないような
動作や表情の変化が映し出されています。


その他とにかく迫力満点のシーンが満載で「怪獣映画」としては本当
文句なく、お腹いっぱいになるまで楽しませていただきました。

今作では語られなかった部分や見せきれなかった部分はなんとか
続編でみせてほしいなぁ。

ゴジラファンはなにを言われずとも見るかと思いますが、SF、アクション、
パニック、アメコミ映画などの類が好きな人にも持って来いの作品かと思います。
地震、原発事故、大津波と日本にとっては痛いシーンも多いのでその辺りだけは注意かと。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ウォー・オブ・ザ・ワールド


ウォー・オブ・ザ・ワールド [DVD]ウォー・オブ・ザ・ワールド [DVD]
(2015/01/07)
ケリー・フー、ロバート・ピカルド 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

地球侵略を謀るエイリアンとの宇宙戦争を描いたSFアクション。
地球に接近する謎の小惑星の爆破を命じられたウィーラー大尉たち。
だがそれは小惑星ではなく、エイリアンが送り込んだ巨大母船だということが判明。
地球は絶体絶命の危機を迎える。

だらだらするよ!

序盤、地球に接近する小惑星の破壊作戦で宇宙に飛び立つウィーラー大尉ら。
途中、何故か着陸地点の計算が狂い、小惑星への不時着を余儀なくされます。
それもそのはず、その場所は地球を襲いに来たエイリアンの母船だったのです。

時を同じくして地球に飛来するロボットに虐殺される人類。
軍も為す術がなく、不利な状態が続いていきます。

小惑星破壊チームはというと、エイリアンの攻撃を避けながらたどりついた
ワープ装置により、敵の本拠地である惑星にたどり着くこととなります。
そこで見たのは敵のロボットによって連れ去られてきた人類だったのです。

その後、地球側で編成したチームを敵の本拠地へ送り込む作戦が展開。
果たして滅ぶのは敵か、人類か。。

序盤からの盛り上げはいい感じ。

例によってアルマゲドン、及びその偽物作品と同じような盛り上げで開始
されますので盛り上げ感はいいです。

セットや衣装、CGについてはもともとハイクオリティを求めてはいませんし、
アサイラムらしいまぁまぁの質感だったので時に気にはしませんでした。

ただ、中盤以降同じようなシーンの繰り返しになってしまったところや、
場面の切り替わりによって話がわかりにくく、だらだらしてしまったところは
ざんねんです。

どの場面でも仲間が容赦なく減っていくところや、敵の数や強靭さに
対しての絶望感はよく出ていましたね。
宇宙側の主人公は最後までいいところがありませんでしたし、
子を失い、状況に絶望しきった女性を自らの手で殺害してしまうなど、
主人公にあるまじき行動を見せてくれます。


一方地球側の主人公は消防士ながら、類まれなタフさと行動力を
見せてくれました。常に娘さんへの愛がいっぱいのパパでしたので
ラストシーンも少しだけ濃いものになっています。

ドカンドカーンと盛り上げるだけのB級SFではなく、全体的に
結構ビターな感じに仕上がっていました。


ギリッギリに星3つぐらいの作品ですが、B級SFが好きな人には
ちょうどいいかもしれませんよ。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ジュラシック・シティ


ジュラシック・シティ [DVD]ジュラシック・シティ [DVD]
(2015/01/09)
レイ・ワイズ、ケヴィン・ゲイジ 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

ロサンゼルスの刑務所・第103房にて異常事態が発生。秘密裡で行われていた実験で
この施設に隠されていた恐竜が突如暴走をはじめ、施設内の人間が無惨にも喰いちぎられ犠牲となった。
更なる危険を察したM1司令部は、何体もの恐竜をエルクウッド拘置施設へ輸送させたが、
暴走は収まることなく、トラックを突き破り人間を次々と襲った末に、街へと解き放たれてしまう。
凶暴化した肉食恐竜を相手に、米軍部隊の応戦も虚しく、ロサンゼルスの街は地獄と化してしまうのだが・・・。

好みの問題かな。女の子のね。

いやぁとにかくいろんな子が登場します。
仕切り屋で意地の悪そうな女リーダーに気弱なヒロイン、
ラリった感じでぶっ飛んでるけどかわいいおねえちゃん。
屈強なボディにスキンヘッドのおっさん。あれ?

上記のあらすじでは全く書かれていませんが主に映る主人公グループは
普通の若いおねーさん達。軍の活躍よりもこちらが気になっておりました。
女の子同士が水着でヌルヌル相撲を楽しむというそれはもうノリノリの
パーティから始まり、主人公らはそのノリが過ぎて拘置所に勾留されてしまいます。


その拘置所ではなぜか恐竜が登場。
そしてなぜか超凶悪犯罪者と一緒にサバイバルに…という内容です。
あれ、ここだけ見るとなんだか楽しそう。

もとより恐竜が登場する映画なんて基本的に地雷ばかり。
なので大きな期待をすることもなく酔いどれた時間を過ごしました。

色気のあるシーンももうちょい多いのかと思いました。

安いCGなりに頑張ってはいましたし、小型の恐竜の獰猛さや
頭の良さそうな感じもちょこちょこ見ることが出来ました。
軍との戦闘シーン、爆破などもどこかの映画を真似た感じですが
まぁまぁの見応えです。

が、「ジュラシック・シティ」という題名にもかかわらず主な舞台が
拘置所(巨大な刑務所みたいな)ということもあり、どうしても見栄えがしません。
どこへ行っても似たような感じですし迫力に欠けてしまいます。

肝心の恐竜さんは野生であるわけもなく、よくある極秘実験で生まれた生物です。
いやぁ色んな生物兵器ものの映画がありますが基本的に軍が無駄に強く凶暴に
作った挙句、その後絶対に逃しちゃうんですよね。ご都合主義とはいえ軍いいかげんにしろよと。
まぁまず逃げないと話が始まらないわけですけと。。

途中、これ同じ設定をゾンビでやったほうがキャラも環境も映えるんじゃないかなと
思いましたがいかがでしょうか。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

MEGA SPIDER メガ・スパイダー


MEGA SPIDER メガ・スパイダー [DVD]MEGA SPIDER メガ・スパイダー [DVD]
(2015/01/09)
グレッグ・グランバーグ、リン・シェイ 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

お人好しの害虫駆除業者・アレックスは、虫に刺された腕を治療する為、
病院を訪れていた。そこで彼は遺体安置室に潜む毒グモの駆除を、
治療代を無しにする条件で引き受ける。警備員のホセの協力を得て、
安置室から通気口に潜入した彼は、異常に粘着力の強いクモの巣を発見、
更に奥に進んだ彼は病院の地下へとたどり着く。
そこで彼は妙にデカいクモを追い詰めるのだが、突然、「伏せて! 」の声とともに銃声が鳴り響く。
それは米陸軍、特殊部隊所属の美女・カーリーが放ったものだった。
しかし、そのクモは10キロはあると思われる下水道のフタを動かし、街へと消えていった。
今、未曾有のパニックが始まろうとしている・・・・・・。

バカパニック。

いいですね~。
こういうのをそこそこ予算や手間をかけて作ってくれるのは本当にありがたい。
日本でも専用チャンネルさえ契約すればB級映画専用チャンネルもあるんだろうか。

今回のメガ盛りは「蜘蛛」です。
多くの人からは好かれないであろうあのグロテスクで凶悪な
外見のクモが、キングコング並みに大きくなって大暴れしてくれます。

宇宙のDNAを組み合わせてゴニョゴニョした結果生まれたモンスターが
軍の施設から逃げ出して街に飛び出ちゃうというもの。
最初から巨大というわけではなく、サッカーボールサイズぐらいから徐々に
巨大になっていくので、その間に描写されるパニックシーンは様々ですね。

序盤で映しだされる病院のシーンでは、音もなく体の何処かに忍び寄り、
一撃必殺で人間を襲撃してきます。このへんはまだホラー色が残っていました。

中盤ではトラックぐらいの大きさになりますが素早さは健在、昼間の
公園で意味なく水着ではしゃいじゃう若者たちを「リア充爆発しろ」と
言わんばかりに蹴散らします。

後半ではなかなかダイナミックな展開、完全に手がつけられないサイズに
なったクモに大規模な攻撃作戦が開始されたり、ヒロインがクモに捕らえ
られてしまったりとてんやわんや。果たしてクモ退治の結末は?

終始コメディ。

主人公アレックスはなんだかうだつのあがらない感じですがそれなりに
楽しく生きていそうな害虫駆除業者です。
イケメンというわけでもなくマッスルボディというわけでもない彼が、
序盤で知り合ったメキシコ系(?)のちっちゃいおっさんホセと共に
巨大生物の駆除に乗り出していきます。

彼らのやりとりは常に軽く、物語から緊張感を奪っています。
しかーし、元からそんなものは必要ありません。

下手なCG技術にもかかわらず、変に真面目でどこに着陸するかわからない
ようなB級映画より、今作のように一定の水準で技術があり、なおかつ
見る人に退屈させないような展開をしてくれる作品が大好きです。

ラスト周辺はお約束通り。おまけにきっと作らないであろう続編の
匂いまで残していきます。


年明けのモンスターパニックとしては上々だったのではないでしょうか。








イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。