FC2ブログ
HOME   »  
 | 

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ゼロ・ダーク・サーティ


ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション [Blu-ray]ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2013/09/03)
ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク 他

商品詳細を見る


★★★★☆

史上最も過酷な作戦に投入された、20代の女性マヤ。
ビンラディン搜索に全てを捧げた彼女の、想像を絶する想いとは―。
華奢で青白く澄んだ瞳が印象的な20代半ばの女性、マヤ。とてもCIA分析官には見えないが、
情報収集と分析に天才的な感覚を持ち、ビンラディン捜索に巨額の予算をつぎ込みながら、
一向に手掛かりをつかめない捜索チームに抜擢された。だが捜査は困難を極め、その間にも
世界中で、アルカイダのテロにより多くの血が流されていた。ある日、仕事への情熱で結ばれて
いた同僚が、自爆テロに巻き込まれて死んでしまう。その時、マヤの中の何かが一線を超える。
もはや使命ではなく狂気をはらんだ執念
で、ターゲットの居場所を絞り込んでいくマヤ。ついにマヤは隠れ家を発見するのだが、
彼女が断言する確率100%に同意する者はいない。果たして、上層部及び国家が下した決断とは?

ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク、マーク・ストロングらが出演。

あらすじで90%ぐらい語っています。

事実を元に、実際のタイムラインを追いながら展開するフィクションですね。
登場人物にしてもモデルはいたでしょうがあくまでフィクションでしょう。

映画冒頭、9.11当日の被害者の音声だけが流されます。
悲惨さを思い出すとともに、きっとテロへの怒りを奮い立たせることが
目的なのかと思います。
実際、その後映しだされるのはテロ首謀者への尋問・拷問シーン。
テロが凶悪でビンラディン一味が最大の悪という刷り込みがされている
からこそ「悪への拷問」という画を自然に受け止めてしまうのではないでしょうか。

ビン・ラディン及びテロの主要メンバーの殲滅作戦が淡々と進んでいきます。
SEALSの現場での働きを描く作品ではなく、あくまで作戦本部を映し出す
映画ですので絵的にはとても質素で淡白。
ゴリッゴリの戦争映画を見たい人には不向きかと思います。


ですが、捜査官といえどもいつテロ側からの攻撃を受けるかわからない
環境ですし、節目で映しだされる実際の自爆テロなどの再現シーンは
とても上手に作られていました。
おそらく派手に予算を掛けた作品ではないのですが、各所ではそれをいかに
感じさせないかの工夫を見ることが出来ました。

技術があれば派手さは抑えてもきちんと視覚や感覚にくるような映像が
表現できるんですね。

俳優陣は少し控えめですが逆にそこがいいかもしれません。
なんといっても主演のジェシカ・チャステインは素晴らしいですね。
脚本や設定上、ヒロインのキャラ設定や執念へ駆り立てる同期などが
薄めに表現されていたのですが、この辺りが濃いものであればさらに
女優さんの評価が上がったかもしれません。

最初のイメージとしては、戦争犯罪や現場の葛藤を追う「告発のとき」、
「英雄の条件」みたいな雰囲気の作品かと思ったんですが本当淡々と
史実と作戦の進行具合を追うような内容になっていました。


とは言え、CIA特有の技術を駆使して犯行グループを追う様や、
緊迫感のある作戦シーンはなかなかのもの。
クライマックス時の突入シーンも作戦時の緊張感とスピード感が
伝わってくるようでした。

暗い建物の中、子供の前でも容赦なく動く者を射殺するSEALSでしたが、
何かのメッセージがあるのかもしれません。


ヒロインの活躍やテロの悲惨さ、敵の悪さや狡猾さを描いた作品なため、
結局は『アメリカ万歳の戦争肯定映画でしょ?』と言われそうな感じですが
それ以外にも愉しむ点がたくさんある良作かと思いました。

9.11以降の戦争映画にハマっているので何か良いのがあったら教えて下さい。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ローン・サバイバー


ローン・サバイバー [Blu-ray]ローン・サバイバー [Blu-ray]
(2014/09/02)
マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ 他

商品詳細を見る


★★★★☆

作戦に参加した4人のシールズは、アフガンの山岳地帯での偵察任務中、
ある「決断」により200人超のタリバン兵の攻撃にさらされる。
それは世界一の戦闘能力を誇る隊員たちも死を覚悟する絶望的な状況だった。
しかし、あるひとりの兵士がその極限状況を生き延び、奇跡の生還を果たす。
いったい彼は、どうやって4人対200人超の過酷な戦場をサバイブすることができたのか?

骨太で大迫力の戦争映画。

マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ
エミール・ハーシュ、ベン・フォスター、エリック・バナ
らが登場する対タリバン戦争映画。

実話が基となっている原作があり、その映像化です。
私は前作を知らず、Wiki程度で読んだ情報で映画を観させていただきました。
多くの部分で実話を汲んだ内容だったのではないでしょうか。
もちろん、人物の最期や悲惨さは事実の比ではなかったでしょうが…。

舞台はアフガン、タリバンの幹部が潜む山岳地帯です。
こちらへ斥候として向かった小隊が、作戦中のアクシデントで自分たちの
存在をタリバンの戦闘部隊に知られてしまうこととなります。

戦闘による突破を決断した4人は、航空支援も、通信環境もなく、
孤立した絶望的な銃撃戦に突入。圧倒的不利の中、果たして
生き残ることができるのか。

戦争映画として楽しもう。

私はいつも、事実に基づいたドキュメンタリーによって心を削られる
のではなく、「戦争が良くないことだというの当たり前のこと」とした上で、
ある種のアトラクションと割り切って戦争映画を見ています。

そうして見た際、久々の出来の良さを感じる作品だったかと思います。

序盤では、登場人物の背景や性格が伺えるようなエピソードが
盛り込まれ、人物への感情移入を誘ってきます。
部隊内での雰囲気や、作戦決定から実行までの背景など、細かく
映しだされているところなどはこの手の作品のファンにはたまらないでしょう。

その他、M4を始めとした装備、アパッチ、チヌーク、ガンシップなどの登場機も
大迫力に映しだされています。


銃撃戦では絶望感が多く、場面が変わるたびに減っていく大切な仲間を
悼むまもなく戦闘を余儀なくされるところはさすがに胸が熱くなりました。

敵の攻撃を避けるために、崖下へフリーフォールする場面では、見てられない
ほどの痛々しさがありました。実際の場面ではきっと最終手段なのでしょうが
画面を通じて伝わる危機感や緊迫感はすさまじいです。


最終局面の後に登場する「パシュトゥーンの掟」には涙ですね。
彼らのその後も気になります。


序盤以降初めて「静」のシーンが訪れるエンドロールでは、隊員の紹介や
エピソードが映しだされます。こちらの国の人間がこれを見た気持ちは
なんとなく理解できるのですが、あちらの方が見た時はどういう心境に
なるのでしょうか?







イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

トライセンデンス


トランセンデンス [Blu-ray]トランセンデンス [Blu-ray]
(2014/12/02)
ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

死すべき運命だった科学者ウィル。しかしその意識は、死の間際に妻エヴリンに
とってスーパーコンピュータへとインストールされた。
意識だけの存在になったウィルは、オンラインにつながる軍事機密、金融、政治
から個人情報まで、世界中のあらゆる情報を手に入れ、究極的な進化を遂げる。
そしてナノテクノロジーを駆使し、現実の世界にまで及んだ彼の力は、遂に生命までもコントロールし始めた。
常人を遥かに超える力で増殖し、拡散し、支配するウィルに「彼は私の愛した人だったの?」と
信じる心が揺らぎ始めるエヴリン。まるで神のごとき力を手にし、変わり果てた男に世界は恐怖を感じ、
密かに抹殺計画が進行し始める。そしてエヴリンにも選択の時が・・・

ジョニー・デップ、レベッカ・ホール、モーガン・フリーマン、キリアン・マーフィーらが
出演するSFサスペンス?

導入部はよし。

序盤はジョニー・デップ演じるウィルやその周辺のキャラが自己紹介
程度に登場、「AIってまじすごいんだぜ」の講演の直後、「AIとかほんま危ないねんて」
を掲げるテロリストの銃撃にあったことで後にウィルは命を落とします。

ウィルの意識を継ごうとする妻エブリンは執念でウィルの意識のプログラム化に成功。
彼の意識をインターネットにアップロードしたことでAIウィルは絶大な力を手に入れます。

一方、このことに大きな危機感を感じる米軍とFBIはテロリストと共謀し、
AIウィルの破壊工作に乗り出します。果たして結末は。。

ところどころ熱くところどころ安い。

どうしてだろう。演技も設定も悪くないのに「カネがかかったB級映画」と感じるのは。
そう感じるのはやっぱり壮大な設定にもかかわらず重要な部分が見せ切れていない
ところではないでしょうか。

・地球ないし全世界的な規模での話のはずなのにそうした盛り上がりがない点。
・ナノマシンの脅威の描き方がチンケにターミネーター化した人類だったこと。
・これまたチンケなテロリストと共謀する米軍がダサいこと。
・哲学や愛情を感じさせる設定がありつつも作中でそれを表現しきれていないところ。


などなど。残念なポイントは多いかと思います。

ただし、大作として楽しむのではなく、こういうものとして楽しむには
良いかと思います。映像自体にはお金もかかっていますし音楽も良い。

個人的にはインターネットに関わる仕事をしているので余計に技術的な
ことや増殖するAIの怖さというのも自分の中で考えながら楽しむことが出来ました。
あとナノマシンが登場する映画ってワクワク出来て好きです。

なおかつ、実際の登場頻度は少ないものの大好きなジョニー・デップの映画ですし。。

と、いうことで思ったよりも格段に深みがない映画ですがコンパクトにSF表現を
堪能するにはいいのではないでしょうか。

120分もあるのにスケールがついてきていないので楽しむべき点が
少なかった人の評価は低いものになるでしょう。








イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

マレフィセント


マレフィセント MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]マレフィセント MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
(2014/12/03)
アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

ディズニー・アニメーションの金字塔として、半世紀以上も世界中で
愛され続けている『眠れる森の美女』。『マレフィセント』は、そこに
隠されていた誰も知らない“本当の物語"をドラマティックに描き出した、
“永遠の眠り"の呪いが生んだ究極の愛の物語。
主人公は、『眠れる森の美女』の悪役にして、邪悪な妖精マレフィセント。
あのロマンティックなおとぎ話を“悪役マレフィセント"の視点で描き、
これまでディズニーが封印してきた"禁断の秘密“を、史上空前の
アクション・ファンタジーとして暴きます。

アンジェリーナ・ジョリー(『ツーリスト』、『ソルト』など)
シャールト・コプリー(『第9地区』、『オープン・グレイヴ 感染』など)
エル・ファニング(『SUPER8』、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』など)
らが出演する「アクション・ファンタジー」。

『眠れる森の美女』のパロディ。という言い方では怒られるだろうか。

眠れる森の美女のストーリー、世界観をバックに描いた本作。
アニメ作品では人々を大いに苦しめた歴代最強の悪女マレフィセントを、
切なく、美しく、力強く描いています。

かつて愛した人間ステファンに裏切られ、その恨みを王となったステファンの
娘オーロラに呪いをかけるという形で復讐するマレフィセント。
美しく、優しく育っていくオーロラを見守るような形で傍らに佇む彼女は
その後オーロラへの母性を持ち始める。
しかし自らがかけた呪いは打ち消すことができない強力なもの。
時は過ぎ、オーロラの命の期限と人間の王国との決戦の時が迫る。

という感じでしょうか。

ディズニー作品の技術や世界観などはやっぱりすごいです。
序盤から引き込んでくれますしどのシーンにも遊びや技術が詰まって
いるので無駄も少なく感じます。

原作では悪女として描かれたマレフィセントが、少女時代から感情豊かに
映しだされ、邪悪さ以外の愛情や切なさを重点的に描かれているのが面白いです。

キングダムハーツというゲームでもその魔力と強さを発揮した彼女ですので
そのイメージをお持ちだった人も多いのではないでしょうか。

反面、人間の王に関してはそれはもうクズのように扱われていますので
感情移入することは難しいです。原作では主人公クラスのフィリップ王子も
完全に飾りとして登場します。でもいいとこ取りですね。

アナ雪で扱われた「真実の愛」がテーマとなっておりますので、重要な
部分では先が読める人も多いかと思います。


序盤中盤と、明るさと切なさが入り混じる美しい世界を楽しむことが
出来ましたが、クライマックス時は別の映画のようになってきます。
派手なアクション・映像表現もさることながら・・・。

・そのスローモーション、いる?
・アンジーの衣装。


このへんには違った意味で心をうばわれてしまいました。

尺が短い作品ですので詰め込んだり慌ただしい展開も多いのですが
その分無駄を省いて余計なことを気にせずに楽しんだらいいのではないでしょうか。


突っ込みどころは全部見終わったあとに思い返す程度でよいかと。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ヒットマン・ザ・バトルフィールド


ヒットマン:ザ・バトルフィールド Blu-rayヒットマン:ザ・バトルフィールド Blu-ray
(2014/12/26)
マイケル・ホーウェ、レイナー・バートン 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

豪華リゾートホテルにやってきた殺し屋。
彼は依頼人である謎の大富豪から、ホテル内にいる連続殺人鬼カップルを殺せと
依頼を受ける。しかも殺す時の様子を、ビデオカメラ内蔵眼鏡で録画せよとの条件があった。
殺し屋は女の方をなんなく殺害するが、女は自分と同じビデオカメラ内蔵眼鏡を持っていた。
しかもシャワー室にいた男はすでに致命傷を負っていて「お前もやられるぞ! 」と言い出したので、
殺し屋は困惑する。どうやら彼はハメられたのだ。焦りと怒りにかられた殺し屋は、即刻ホテルを
飛び出そうとするが、フリーク化した大富豪の部下が、ゾンビの如く次から次へと襲いかかって来る・・・・。
殺し屋は、この地獄と化したホテルから生きて脱出する事ができるのか?!

一人称撮影はよくある手法ですがこちらはまるでFPSをプレイしている
かのようにガッツリとした一人称です。常に主人公目線となります。


本当にゲームの世界のようで、手元や足元の映し方、走った時の画面
の揺れ方など、FPSゲームを参考にされた部分もあるのではないでしょうか。
かくいう私もFPSの戦争ゲームなどはかなり好きな方なので各所の演出で
結構わくわくする部分も多かったです。
ただ、画面酔いする人などはきっとしんどい映画になるかと思います。

軍人上がりのヒットマンである主人公は謎の大富豪から破格の依頼を受け
とあるホテルへ向かいます。
そこでは、殺す相手はもちろん、その殺し方や武器に至るまで指定され、
「その様子」についてもカメラが内蔵されたメガネでリアルタイムにクライアント
へ配信されるというある種異常な内容を説明されます。

仕事前に恋人へ電話するほど冷静な主人公。そして着々と任務の遂行へ移ります。

まずは今回のターゲットである二人の内一人を難なく処理する主人公ですが、
このターゲットが自分と同じカメラ内蔵メガネを持ち、自分と同じように依頼を受けて
この場所へ来たことを知ります。
ターゲットのもう一人については致命傷を負う中、主人公の破滅的な終わりを
予言するようにして息絶えます。

通信先では余裕綽々で状況を説明する大富豪。
裏切りに対する怒りと生存本能に駆られた主人公は、急ぎホテルからの脱出を
目論みますがそこいら中から襲撃者が現れ、執拗に主人公の命を狙って来ます。
果たして大富豪の狙いは?主人公の結末はいかに?

という感じですがここまでも緊迫感たっぷりでなかなかに引きこまれますね。
どこから敵が出てくるかわからないところも嫌ですし、現場の暗さや質感なども
こちらに伝わってくるようです。


中盤はもう本当にゲームのように敵と戦い殲滅していくような流れですが、
ゴア表現がまた特徴的で嫌すぎます。
スッキリ派手なグロではなく、ネチャ~っとして臭いもこっちに来るようなグロ。
本当もうこういう表現のセンスがある人ってどうなのよって思います。


終盤に入ると物語の全容が伺えるようになってきます。
ちょっとSFオカルト・ホラー的な話になっては来るのですが、終始血なまぐさい
空気感が功を奏し、変に軽い展開になってはいなかったです。

演出も雰囲気も、低予算映画としてはとても頑張っている本作ですが、
どうしても最後の方では派手さも欲しかったですね。

この辺りでお金があればもっと驚異的な敵の演出ができたやもしれません。






イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。